【一体なぜ?】フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」にまたしても陰り?何と最上位グレードのPHEVモデルが日本で販売されないとの噂が浮上

2020-05-27

~これが本当なら日産は海外での販売に力を入れることになり、国内では軽自動車をメインに力を入れていく可能性も~

さて、2020年内の発売の可能性が一気に低くなり、2021年の初め頃に登場することが予想されている日産待望のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan X-Trail)」ですが、何とこのモデルについて何とも納得し難い噂が浮上しています。

自動車情報誌マガジンXの情報を参考にさせていただくと、2021年以降に登場するであろう新型「エクストレイル」には、同時期に登場することが予想される三菱のフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)」と同じプラットフォームを流用する予定で、更にはプラグインハイブリッド技術も三菱からの流用になる?といった情報が展開されていたそうですが、恐らく日本市場でも主要グレードになるであろう新型「エクストレイルPEHV」が日本市場では販売されない可能性が浮上しているそうです。


~日産は三菱を持ち上げなくてはならない?~

なお、このPHEVモデルが日本市場にて販売されない理由については、”三菱の国内販売をジャマしないため”であるとして、販売台数の低い三菱にとって重要な立ち位置になっている「アウトランダーPHEV」は、今回のフルモデルチェンジにより更に商品力を大きく高め、2020年夏~秋ごろに日本でも登場する予定のトヨタ新型「RAV4 PHV」に唯一対抗するためでもあるとして、むしろ日産は三菱の手助けをする方向にシフトするのかもしれませんね。

そうなると、新型「エクストレイルPHEV」の販売はどうなるの?という疑問になるかと思いますが、これは日本市場ではなく欧州などの海外市場等で販売される可能性が高く、その反対として新型「アウトランダー」のガソリンモデルを海外市場にて販売し、PHEVモデルのみを日本市場で販売する考えがあるそうです。
この辺りは、日産と三菱の関係性に加え、各々の技術交換の際に提示された条件などがあった可能性も無いとは言い切れないのが正直なところ。

あとは新型「エクストレイル」に搭載される4WDシステムが、日産製ではなく三菱のAWC(オール・ホイール・コントロール)システムを採用するとのことで、おそらくはデザイン的な部分以外の技術面に関しては、三菱主体で動いている可能性も高そうです。

~デザインは新型「ジューク」のようにスタイリッシュで日本でもウケは良さそう~

気になる新型「エクストレイル」の外観についてですが、以前より目撃されている開発車両を見る限り、フルモデルチェンジ版・新型「ジューク(Juke)」を想起させるアグレッシブなデザインで、Vモーショングリルが大口化し、フロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトが独立することが確定しています。

更に上の開発車両の画像を見る限りでは、LEDデイタイムランニングライトがターンシグナルするような形でLEDウィンカーが点滅していることを考えると、全体的にスマートでスタイリッシュなデザインに仕上げられるのではないかと予想されますね。

気になるパワートレインについてですが、先述のPHEVグレード以外にも排気量1.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたe-POWERが搭載されるとのことで、エンジン出力100ps/モータ出力250psを発揮するのではないか?との噂もあるものの、おそらくガソリンモデルもラインナップされるでしょうし、加えて3列シートモデルも登場する可能性も高いと言われています。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう