意外と似合ってる?マツダ新型「マツダ3」×マセラティ「グラントゥーリズモ」をミックスしてみた。ホンダ新型「フィット4」×ランボルギーニ「ウラカン」のミックスも

2020-05-27

~シンプルなミックスレンダリングはかなり久しぶりでは?~

これまで数多くのレンダリングをご紹介してきましたが、最近はなぜかトレンドになりつつあるシャコタン&オーバーフェンダーのゴリゴリ族車仕様がメインだったため、今回はシンプルなミックスレンダリングをご紹介。
例えば上の通り、2ドアスポーツクーペ・マセラティ「グラントゥーリズモ」に、マツダの新型ファストバック「マツダ3」のフロントマスクを移植したら?というレンダリングが公開されていますが、これが意外にもマッチしていて非常にスポーティ。

いずれ登場するであろうマツダ次期型「RX-9」を想起させるようなアグレッシブスタイルですが、「マツダ3」のフロントフェイスでも十分通ずるものがあり、こうして見るとマツダも欧州向けの顔つきに変化してきた?ようにも思えますね。
ちなみに、こちらのレンダリングを作成したのはインスタグラムユーザーの@takeshika5111氏で、新型「マツダ3」以外にも様々なイメージレンダリングを公開していますね。


~他にも国産エコカーと欧州スポーツカーをミックス~

続いては何ともシュールなミックスレンダリング。
ボディスタイルはランボルギーニのエントリーモデルとなる「ウラカン」で、フロントマスクをホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4」に移植したレンダリングが公開。
先ほどの新型「マツダ3」×「グラントゥーリズ」に比べて、違和感は一気に向上していますが、マイルドな顔つきなのにボディスタイルは超アグレッシブというギャップが色んな意味でユニーク。

エンジンもリヤミドシップで、ハイブリッドではなく大排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載するゴリゴリのスポーツカーというところはゆるぎないポイントですね。

最後はフェラーリのフラッグシップGTモデル「812スーパーファスト」をベースに、フロントマスクをホンダ新型「フィット4」に移植したらというミックスレンダリング。

これもまぁ何とも違和感が凄いことになっていますが、どこか憎めない表情とマイルドさが際立ち、しかしエンジンは先ほどの「ウラカン」よりも更にぶっ飛んだ、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンをフロントマウントするというクレイジー仕様。
現実世界ではこういったモデルが登場することはありませんが、こうした非現実的でユニークなモデルを見れるのもレンダリングの良いところなのかもしれません。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう