バッドモービル並みのシャコタン&オーバーフェンダー仕様にカスタムされた日産「フェアレディZ(Z33)」が登場。更に「スカイラインGT-R R34」もシャコタンにしてみた

2020-05-27

~とりあえずオーバーフェンダーに限界は無いようだ~

これまで数多くのシャコタン&オーバーフェンダー仕様の族車風レンダリングが公開されてきましたが、今回その中でも圧倒的なワイド感を持つ日産「フェアレディZ(Z33/350Z)」のレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、以前トヨタ「プリウス」の族車風レンダリングを公開したBrad Builds氏で、ちょっとやり過ぎ系のカスタムレンダリングを得意とするユーザーではありながらも、ちょっと詰めの甘い部分もあったりでまだまだこれから磨きをかけていけば伸びてくるであろうアーティストの一人でもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~ここまで来るとレーシングモデルとかではなくバッドモービル並みに~

そんなBrad Builds氏が作成したレンダリングを見ていくと、ワイドボディキットとかそういった次元の話ではなくなってくるレベルの幅広さで、おそらく車幅も2,000mmを余裕で超えてくるほどではないかと思われます。

真後ろから見たらこんな感じ。
一応極太タイヤ一本を収めているそうですが、ぱっと見で片側2~3本ぐらいタイヤを装着しているかのようなギミック感が凄いこと…
リヤバンパーは外されリヤディフューザーも過激さを増し、それでいてレッドのピンストライプを追加していることから、ちょっとNismoを意識したようなデザインに仕上げられていますね。

リヤウィングも純正の車幅を余裕でオーバーするほどの巨大さ。
ここから見るとバッドモービルのようにも見えますね。

リヤウィングはこんな感じでボルトオンタイプの固定式、その下にはダックテール並みのスポイラーを装着しているのがわかりますね。
とりあえず全体的に一つ一つの主張とクセが強い。

~「スカイラインGT-R R34」の過激ワイドボディモデルも登場しているが…~

そしてこちらも同じデジタルアーティストが作成した「スカイラインGT-R R34」の族車風レンダリング。
これ単体で見るだけでも十分ワイド感が伝わってきて、かなり際どいシャコタン仕様に仕上げられていることもわかるのですが、先ほどの「フェアレディZ」を見た後だと、かなり控えめに見えてしまうという不思議。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Full set of the time attack 350z from last week. This thing is WIDE. Threw in a little drone shot at the end to show off those lines! 🛸🛸

BradBuilds | Cars(@bradbuilds)がシェアした投稿 –

☆★☆「フェアレディZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう