フルカーボンボディ風?!日本の過激チューナーWaldが、スズキ新型「ジムニー・シエラ」をカスタム。新開発のサスペンション搭載で車高も更にアップ

2020-05-27

~Waldがかなり過激な新型「ジムニー・シエラ」のカスタムモデルを公開~

日本を代表する過激チューナーのWald International(ヴァルド・インターナショナル)が、スズキ新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースにした最新カスタムモデルを世界初公開しました。

未だこのモデルに関する詳細については言及していないWaldですが、”スポーツライン・ブラックバイソンエディション(Sport Line Black Bison Edition)”と呼ばれ、おそらくはメルセデスベンツ「Gクラス(Mercedes-Benz G-Class)」をモチーフにした”ミニGクラス”だと予想。

外観については、LEDフォグランプが組み込まれたフロントバンパーや、グロスブラック仕上げのヴァーティカルスリット付きフロントグリル、パワードームとエアインテークが採用されたカスタムフード等、かなりアグレッシブな顔つきに仕上げられているのが確認できます。


~軍用&高級感を兼ね備えるミステリアスなデザイン~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
足もとには社外製となるカスタムホイールとオールテレーンタイヤが装着され、更にWaldオリジナルの専用サスペンションをインストールしたことにより車高が高くなっていることがわかりますね。

そして最も不思議なのがこのボディカラー。
ペイントなのかカラーラッピングなのかはわからないものの、まるでフォージドコンポジット(カーボン)のような特殊なデザインにて仕上げられているのはユニーク。
「ジムニー・シエラ”スポーツライン・ブラックバイソンエディション”」用に準備された専用カラーラッピングの可能性も高そうですね。

こちらはリヤデザイン。
高い車高にはちょっとミスマッチ?なスポーティなリヤウィングが装着。
おまけにリヤバンパー部分もプラスチックのプロテクターパーツではなく、ボディカラーと同色素地というのも気になるところ。やはりラッピングではなくペイントの可能性も高そうです。

なお、このモデルに採用されるボディキットやサスペンション、アルミホイールなどの詳細価格については明らかになっていませんが、恐らく近日中にWaldからプレスリリースされるのではないかと予想されます。

☆★☆「ジムニー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう