トヨタ高岡工場にて例の社会問題による感染者を確認。なお高岡工場ではフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー」も製造される予定だが…スケジュール通り生産されるのか?

2020-05-27

~新型「ハリアー」が製造される高岡工場にて例の社会問題の感染者が確認されたが…これによる影響は?~

さて、4月8日のワールドプレミア中止から4月13日にトヨタ公式ホームページにて特設サイトがオープンすることが決定したフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」ですが、何とこのモデルを製造する予定の高岡工場にて、製造系職場に勤務する20代男性従業員1名が例の社会問題による感染したことが発覚。

感染者の当社職場における行動履歴を確認した結果、11人の濃厚接触者が特定されたとのことで、これら濃厚接触者は感染者との最終接触日から14日目までの自宅待機に加え、感染者の勤務していた職場については、感染疑義が発覚した3月19日時点で消毒作業を実施し、既に稼働を再開しているとのことで、現時点で既存モデルの納期遅れや新型車の製造遅れは無いとのこと。


~どうやら既存モデル含め新型車の生産・発表・発売時期が遅れる恐れは無いようだ~

そしてこれは、いつもお世話になっているトヨタディーラーから教えていただいた情報なのですが、新型「ハリアー」については元々6月8日に生産開始を予定し、6月17日に発表・発売する計画で、これについてのスケジュールは全く変更される予定は無く、特に販売が遅れるなどの影響も無いとのことです。

気になる新型「ハリアー」のグレード別価格帯についても、こちらは元々4月末に公開予定だったものが5月11日にディーラーへと配信されるとのことで、先行受注受付けは5月15日にスタートが確定しています。
なお、先行受注受付けがスタートする5月15日に予約をしたとしても、最短納期は7月にズレ込む可能性が高いとのことなので、6月中の納車は厳しいかもしれないとのことです。

~新型「RAV4 PHV」もスケジュール通り生産・発表・発売するも予定~

そしてこれは余談ではありますが、高岡工場では「ハリアー/プリウスα/RAV4」を製造しており(「RAV4」はトヨタ自動織機でも製造)、6月~7月に発売予定となっている新型「RAV4 PHV」に関しても同じ高岡工場にて製造されますが、特にこのモデルに関しても生産時期や販売スタート時期が遅れるといったことは無いそうです。

☆★☆新型「ハリアー」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう