これがフルモデルチェンジ版・日産の新型「キャッシュカイ(日本名:デュアリス)」?新型「エクストレイル」の兄貴分らしい風格ながらも、賛否ははっきりと分かれる?

2020-05-27

~例の社会問題の影響で暗いニュースが続いている中、こうしたレンダリングを見ると日産も頑張ってほしいと思える~

日産のミドルサイズSUVモデル「キャッシュカイ(日本名:デュアリス、アメリカ名:ローグスポーツ)」が、欧州市場にていよいよ2020年に第三世代としてフルモデルチェンジを果たし、更には2種類のハイブリッドパワートレイン(一つはPHEV)をラインナップする予定となっていますが、遂に新型をイメージした予想レンダリングが公開されています。

今回公開されているレンダリングを見ていくと、これまで何度か目撃されてきたフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(X-Trail)」と同じようなVモーショングリルとLEDデイタイムランニングライト、フロントヘッドライト、その下にはLEDフロントフォグランプが装備され、更にヘッドライトの直下にはダクトのようなものが設けられているのがわかりますね。


~デザイン的には新型「ハイランダー」のような兄貴分らしい風格も~

フロントマスクをズームして見るとこんな感じ。
Vモーショングリル部分はメッシュではないのがちょっと気になるところですが、これによる空冷効果がどれだけ向上するのかが非常に気になるところ。

更にフロントの堂々たる顔つきは、まさに新型「エクストレイル」の兄貴分らしいデザインで、立ち位置的にはトヨタ新型「RAV4」の兄貴分となる新型「ハイランダー(Toyota Highlander)」がイメージしやすいかもしれません。

こちらは新型「ジューク(Juke)」と同じワインレッドカラーにブラックの2トーンカラー仕上げ。
非常にスポーティながらも、どことなく武骨感もあって大きく好みが異なるところかもしれません。

~新型「キャッシュカイ」ではPHEVモデルがラインナップされる~

ちなみに、海外の自動車ニュースサイトAutoExpressによると、新型「キャッシュカイ」では、現行モデルにてラインナップされている排気量1.5L/1.6Lの直列4気筒ディーゼルエンジンを廃止し、その代わりとして環境法規制にも対応したe-POWER技術の採用と、三菱のフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)」に搭載される予定の新開発プラグインハイブリッドシステムを採用すると報じています。

プラグインハイブリッドシステムの採用は良しとして、欧州市場にて若干問題視されているのがハイブリッドシステムのe-POWERなのですが、これについては欧州製品企画担当副社長のポンツ・パンディクティラ(Ponz Pandikuthira)氏も正式に「日産が欧州市場向けにe-POWER技術を採用して良いのか調査している段階にある。日本市場で積極的に採用されていても、欧州市場では採用されにくい可能性もある」とコメントしています。

っというのも、同氏が懸念していることとして、日本の高速道路事情(80km/h~105km/h)とは異なり、欧州の高速道路では129km/h~137km/h以上の速度にて走行することが非常に多い為、こうした環境の中でバッテリが急速に消耗されることを考えると、必然的にガソリンを消費する割合が圧倒的に多くなる。そう考えると果たしてe-POWER技術の実用性があるのか?を考えると何とも判断が難しいところにあるようです。

その一方で、PHEV(プラグインハイブリッド)パワートレインについては積極的に取り入れていく予定とのことですが、今後フルEVがハイブリッドよりも優勢になるには少なくとも2~4年はかかるとのことから、今はPHEVをメインに販売していきたいとの思いがあるそうです。

☆★☆新型「エクストレイル/キャッシュカイ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう