これ本当に韓国車?ジェネシス新型「GV80/G80」が想像以上に美しくカッコ良かった件。レクサスを圧倒する品質と信頼性でアメリカや韓国でも大人気に

2020-05-27

スポンサーリンク

~こうして見るとジェネシスも意外と悪くないかも?~

韓国の自動車メーカーである現代自動車(ヒュンダイ)の上位ブランド・ジェネシスより発表された新型「GV80(左)/G80セダン(右)」。
ドイツ御三家となるアウディ・メルセデスベンツ・BMWや、レクサスといった上位ブランドに対抗するモデルでもありますが、既にアメリカ市場においても市販モデルがディーラーにて到着しており、上のように既にデモカーが公開されているとのこと。

なお、日本では中々馴染みのないブランドではあるものの、アメリカ調査によれば信頼性ランキングにおいては、レクサスやポルシェ、トヨタといった競合ひしめくブランドを差し置いてダントツの1位を獲得。

もちろん、品質面や安全性においても年々そのステータスを高めているジェネシスですが、今回発表されている新型「GV80/G80」に関しては、それぞれレクサス「RX/GS」やボルボ「XC90/S90」、ジャガー「F-Pace/XF」を競合視しているそうです。

スポンサーリンク

~新しく発表されたばかりの「G80」はかなりの高級感がありそう~

こちらはワインレッドカラーの新型「G80」と、その奥にはSUVモデルの新型「GV80」。
特に手前の「G80」については、ボディカラーのこともあってか、どことなくイギリス車っぽい雰囲気があり、それに加えて韓国車とは思えないほどの高級感も持ち合わせていますね。

フロントマスクはこんな感じ。
ダイナミックなフロントグリルにメッシュが設けられ、さらにロアグリル部分についてもメッシュが採用されています。
フロントヘッドライトが2つに分割されているのは個人の好みだと思いますが、日本車には独特な個性がありますし、見る人が見れば一目でジェネシスとわかるブランド力もしっかりとあると思うので、結構人気は得られるのではないかと思います(エンブレムはベントレーっぽいですが…)。

サイドのスタイルはこんな感じ。
どことなくファストバックっぽい印象もあり、アウディ「A7」やプジョー「508」のような流線形を描くスタイリッシュなデザインにも見えます。

リヤデザインはこんな感じ。
少し反り上がったトランクスポイラーや、テールゲートを横切るワイドなリヤテールランプ等、このあたりのデザインも非常に個性的。

インテリアも非常にシンプルで、ハードプラスチックをそこまで多用していない感じも好感が持てます。
なお、これら2種類のモデルは、既に韓国市場では多くの注目が集まっているそうで、アメリカ市場においても少しずつ関心が高まっているとのことです。

☆★☆ジェネシス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう