フルモデルチェンジ版・レクサス新型「NX」が2021年夏頃に登場する模様。とりあえず登場するまでは新型「ハリアー」をつなぎ用として検討してみる

2020-05-27

スポンサーリンク

~どうやら新型「NX」が2021年夏頃に登場するようだ~

つい先日、いつもお世話になっているレクサスディーラーに訪問したところ、レクサスのサブコンパクトSUVモデル「NX」が2021年夏頃にフルモデルチェンジ版として登場する予定との情報を聞いたため、大分先の話ではあるものの、とりあえず購入の検討をしてみたいと思います。

具体的な変更内容については今のところ何も情報無いものの、以前北米市場向けに行われたトヨタの会合のリーク情報によれば、独自のコックピットを採用する一方、14インチの超大型タッチスクリーンディスプレイを搭載するとのことで、クラウドベースのナビゲーションシステムやスマートフォンアプリを利用したリモートパーキングシステム、更にはF SPORT専用20インチアルミホイール等、とにかく大きく変貌した一台が提供されるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~商品力がアップする一方、その分価格帯も更に跳ね上がりそうではあるが?~

これが本当に日本市場でも導入されるのかはわからないものの、かなり魅力あるモデルになることは間違いないですし、まさかサブコンパクトSUVの「NX F SPORT」で20インチの大口径アルミホイールを装着するとは想像もしていませんでしたし、現行モデル以上に更にアグレッシブでスポーティな一台になることは間違いなさそうですね。

ただ、そうなると価格帯もとんでもなく高額になる可能性は高いでしょうし、現行「NX F SPORT」でも、ガソリンタイプ(2WD)が5,179,000円~、ハイブリッドモデル(2WD)が5,823,000円~となるため、ここから更に20万円ほどアップすることを考えると、必要最低限のオプションや諸費用を考えたら、それぞれ約600万円~/約650万円~になるのではないかと予想しています。

~とりあえず購入することを想定したら、何と入れ替えることになる?~

ちなみに、私が現在所有している「NX300h F SPORT」は、2020年中頃以降に売却することが決定しており、それに合わせて箱替えという形でトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」の購入と、追加でレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型「IS」を購入する方向で話を進めているのですが、そうなると2021年夏頃に登場するであろう「NX」を何と箱替えするのか?というところに。

個人的には、あまりレクサスを何台も所有するのは…という想いがあるのですが(現在は自分用に「NX300h F SPORT」、父親用に「LS500h F SPORT」を所有)、その一方で新型「ハリアー」と「NX」というSUVを2台も持ってどうするの?という考えもあったりするので、もしかしたら新型「ハリアー」との箱替えという形になるかもしれません(私が今事務所として契約しているマンションの地下駐車場にも台数制限があるので…)。

いずれにしても、新型「NX」はかなり商品力を高める一台になることは間違いないですし、何よりも新型「ハリアー」ではCD/DVDがディーラーオプションでも設定できないという致命的な欠点があるので、ファミリーカーとして活用するケースは限りなく低くるでしょうし、「NX」が先行予約できるタイミングで売却する流れになると思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆レクサス「NX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう