えっ、そうなの?マイナーチェンジ版・レクサス新型「LS」にあのV8ハイブリッド「LS600h」と直4エンジンモデルが登場?生産終了となる「GS」の穴埋めの可能性も

2020-05-27

~遂に新型「LS」に新たな動きが見られるようだ~

さて、2020年秋ごろにマイナーチェンジ予定となっているレクサスのフラッグシップセダン・新型「LS」ですが、何とこのモデルにV型8気筒ハイブリッドシステムを搭載する「LS600h」と、エントリーグレードとなる直列4気筒エンジンに過給器を加味したダウンサイジングモデルが登場するとの噂が浮上しています。

自動車情報誌マガジンXさんの情報によれば、メルセデスベンツ「Sクラス」やBMW「7シリーズ」が進化する中で、遅れが出ているレクサス「LS」の弱点を上手く克服していくためにも、ラインナップの拡大化並びに、2020年8月に生産終了するミドルサイズセダン「GS」の穴埋めを目的に直4エンジンモデルをラインナップするのではないか?といった見方が出てきているそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~生産終了となる「GS」の隙間埋めと、「ES」との差別化を図る重要なモデルになりそう~

既に「GS」に置き換わるモデルとして、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルのみをラインナップする「ES300h」が、ミドルサイズセダンとしての地位を確立しているため、これよりも更に上級へとシフトするレギュラーハイブリッドセダンとして「LS」が追加されるのはある意味嬉しいことなのかもしれません。

そうなると、かなり気になるのがその価格帯だと思いますが、現在レクサスがラインアップするエントリーグレードの「LS500」で999.6万円からなので、これよりも安価になることを考えたら、概ね750万円~800万円ほどになるのではないか?と予想。
駆動方式も後輪駆動(FR)と四輪駆動(AWD)の両方をラインナップすると思いますが、エントリー&ラグジュアリーモデルとしてどこまで質感を高めていくのは注目したいところですね。

そしてこちらが実際に目撃されているマイナーチェンジ版・新型「LS」の開発車両。
フロントバンパーにカモフラージュが施されていますが、恐らくフロントグリルデザインは変更されず、バンパー形状やフォグランプ、そしてフロントヘッドライトはある程度の変更が施されることになるでしょうね。
これに加えて、前回レクサスディーラーにて取材したマイナーチェンジ内容もおさらいしていきたいと思います。

~ディーラーにて確認した新型「LS」の変更内容を見ていこう~

①:フロントヘッドライトのデザイン変更

今回のマイナーチェンジにより、「LS」のフロント・リヤヘッドライトのデザインが変更されるとのこと。
具体的にどういったデザインに変更されるかまではわからないそうですが、現在販売が好調なミドルサイズセダン「ES300h」と顔つきが似ていることから、このデザインとの差別化並びに更なるラグジュアリー性を高めたものに仕上げるとのこと。

ただ、フロントのスピンドルグリルについては特に変化は加えないとのことなので、この辺りは「ES」と差別化を図れない部分かもしれません。

そしてこちらがミドルサイズセダンの「ES300h」。
確かに三眼LEDヘッドライトやLEDデイタイムランニングライト、そしてL字を連ねたスピンドルグリルは「LS」と似ているところがありますね。
正直遠目から見てどちらが「LS/ES」なのかがわからないのはちょっとマイナス評価かも。

②:リヤテールランプのデザイン変更

続いてリヤデザインですが、こちらはリヤバンパーの一部デザイン変更に加えて、リヤテールランプも変更が加えられる模様。
このあたりのデザイン性は、マイナーチェンジ後の「RX」に似ている部分があるとして、更なる差別化を図るとのことですが、もしかすると「LC」のような合わせ鏡を用いたリヤテールランプになる可能性が高そうですね。

もちろん、フロント・リヤのウィンカーは流れるタイプのシーケンシャルを採用するものの、流れ方についても少し変化が入るかもしれないとのこと。
加えてフロントヘッドライトには、新型「RX」と同じブレードスキャンアダプティブハイビーム(ADB)システムも標準装備されるとのことなので、ドライバーが夜道をより安全に運転するための機能として活用されることは間違いないと思います。

③:ナビゲーションディスプレイのタッチ操作が可能に

続いてインテリアですが、これはマイナーチェンジ版・新型「RX」や2020年秋ごろにビッグマイナーチェンジ予定となっている新型「IS」にも設定されるタッチ操作も可能な12.3インチナビゲーションディスプレイが採用されるとのことで、これに加えてディスプレイの位置ももう少し手前に移動し、更にはApple CarPlay/Android Autoも対応するとのこと。
このほかにも、エアコンのスイッチ類があまりにもチープなので、より高級感を加味する意味で変更が加えられるそうです。

④:謎の新機能「OTA」とは?

最後はレクサスとしてもトヨタとしても初となるOver The Air(OTA)が設定可能になるとのこと。
具体的な情報はまだ明らかになっていないものの、テスラのようにわざわざディーラーに訪問しなくとも、プログラム・ソフトウェアに関するアップデートをリモート操作もしくは専用アプリにて行うことができるという優れものだそうです。

こうした便利機能を活用することで、レクサスディーラーに電話・予約する手間もなく、ディーラーに訪問する必要もないので時間を有効的に活用することができます。
是非とも「LS」を筆頭に他のモデルでも積極的に採用してほしいところですね。

☆★☆「LS」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう