三菱のデザイナーがマツダ「RX-10ロングテール」に続き、今度はケーニグセグのル・マンハイパーカーを公開。完成度も高く走ることだけを考えた一台

2020-05-27

~マツダに続いてこれまた過激なハイパーカーが登場!~

以前、三菱東京に努めるエクステリアデザイナーのMaximilian Schneider氏が、マツダの新世代スーパースポーツモデル「RX-10ロングテール(Mazda RX-10 Longtail)」がル・マンのハイパーカークラスに登場したら?というレンダリングを公開しました。

そして今回、新たなモデルとしてケーニグセグもル・マンのハイパーカークラスに登場したら?とうレンダリングを公開。
今回公開されている「ケーニグセグ・コンセプト(Koenigsegg Concept)」は、独自の空力特性を活かした滑らかなボディスタイルに、コーナリングを重視したとされる大口径タイヤ・アルミホイールを装着。

更にこのモデルのユニークなポイントは、フロントフードからフロントウィンドウにかけてのボディ形状で、フロントバンパーの波のような形状に沿ってフロントウィンドウも変形させることで、空気抵抗を可能な限り小さくするという提案だそうですが、いずれはこうした技術が採用されるかもしれません。


~ケーニグセグの特徴やメリットを最大限に表現したコンセプトカー~

こちらはサイドから見たスタイリング。
トップルーフからリヤエンドにかけての下っているラインはもちろんのこと、ルーフのセンター部分は大きな凹みが加味されたダブルバブルルーフを採用。トヨタ新型「GRスープラ(Toyota New GR Supra)」にも採用されている技術ですね。
恐らくはリヤウィングにかけて流れていくように考慮された形状なのだと思いますが、このモデル1台製造するのにどれだけの費用が発生するのか気になりますね…

こちらがリヤデザイン。
フロント・リヤフェンダーの張り出しも非常にダイナミックで、リヤテールランプのOLEDを採用。
そしてデッキリッドスポイラーの裏面には”Koenigsegg”のロゴも印字されていますね。

マフラーはセンターに2本出しのフィニッシャがインストールされていますが、そもそもどういったエンジンが搭載されているのか非常に気になるところです。

~マツダ「RX-10ロングテール」とのコラボも!~

そしてこちらがマツダ「RX-10ロングテール」と「ケーニグセグ・コンセプト」のコラボ。
ボディ形状は似ているようですが、フロントヘッドライトやバンパー形状は大きく異なり、それぞれの個性がしっかりと表現されているように感じます。

リヤデザインはこんな感じ。
個人的には「RX-10ロングテール」の丸形と直結式のストリップテールランプが好みで、更にエンジン部分を魅せるといったフェラーリ的な要素もあって良い感じだと思います。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com