何コレ凄い!見た目スポーティで中身はルイヴィントン仕様の過激なホンダ「フィット」が販売中

2020-05-27

~「フィット」のカスタムは毎回驚かされている気がする~

イギリスの中古車販売サイトMotorHubにて、何とも過激なカスタムが施されたホンダのコンパクトモデル「フィット(Honda FIT)」が販売されています。
早速今回販売されている個体を見ていくと、外観はレーシーな印象を与えつつもスポーティなイエローカラーにペイントされ、フロントバンパーやフルエアロキット(フロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザー)などは社外製を装備。

更に足回りはエアサスペンションキットをインストールすることで、瞬時にリフトアップやローダウンが可能で、おまけに足元には17インチの大口径アルミホイールが装着されていますね。


~ホットハッチ風のレーシングモデルをイメージしているようだが?~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
こうして見ると、新型「フィット4」のようなワンモーションスタイルではあるものの、トップルーフからリヤハッチにかけてガクッと落ちるようなラインは昔のモデルならでは。
このあたりは時代の流れを感じるところですね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤロアバンパーのボリューム感も中々ですが、エコカーの印象が強い「フィット」にはかなり不向きともいえる大口径マフラーがインストールされています。

足元もシャコタン仕様でギリギリツライチっぽいですね。
但しこの状態で走行した際に、段差などの衝撃でフェンダーとホイールが接触する恐れも十分に考えられるので、かなり気を使った運転が必要だと思います。

~スポーティな外観とは大きく異なるオシャレなインテリア~

そしてこのモデルの最も力が入っているのがインテリア。
スポーティな外観から一転してオシャレ仕様に。
何とダッシュボードや内ドアパネル、更にシート類などが全て張り替えられているのが確認できますね。
ミントグリーンやホワイトに加え、オレンジのパイピングも追加され、オシャレな街中をイメージした独創的なカスタムに仕上げられています。

内ドアパネルには何とルイヴィトンのデザインパターンが張られていますが、どれだけのカスタム費用が発生しているのか非常に気になるところです。

後席はこんな感じ。
リヤの内ドアパネルにもルイヴィトンのデザインパターンが…元オーナーの強いこだわりが伺えます。
なおこうしたカスタム以外にも、電動格納式サイドミラーやエアコン、アルパインCDプレーヤーなども搭載され、必要最低限の装備は充実しているそうです。

気になるパワートレインについてですが、純正と同じく排気量1.3Lガソリンエンジンを搭載し、最高出力82hp/最大トルク119Nmを発揮。
直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が12秒、最高時速は171km/hにまで到達するとのことです。

☆★☆ホンダ「フィット」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS