フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4」納車後インプレッション!評判通り確かに乗り心地は良い…しかしちょっとした段差での突き上げが気になる件

2020-05-27

スポンサーリンク

~新型「フィット4」の乗り心地は良いが、乗れば乗るほどが”ボロ”も出てきている~

さて、フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(Honda New Fit 4)」LUXE(リュクス)×四輪駆動(4WD)が納車されて2か月半が経過しましたが、ここ最近仕事の関係で使用する頻度も多く、平坦な道路だけでなくちょっとした峠も走るようになってきました。

今回、様々な道を走行して色々と感じたことをまとめていきたいと思っていますが、色々と新型「フィット4」の乗り心地について調べてみると、”乗り心地が良い”以外はあまり見受けられないのが正直なところです。

確かに、新型「フィット4」は先代モデルに比べて、プラットフォームは変更されていないものの、剛性の向上や軽量化による工夫が複数施されたことによる上質さは大幅に向上したと思います。

しかしながら、新型「フィット4」の上質な乗り味が、”ある道”を走行するとギャップが激しくて驚いてしまうのが正直なところ。

スポンサーリンク

~スピードにノッた時の足回りのクッション性はまだまだ弱い?~

その”ある道”というのが、マンホールなどがあるちょっとした「段差」なのですが、最近のレクサスやトヨタなどのモデルに乗っていると、ある程度スピードがのった状態で、ちょっとした段差でも上手くサスペンションが機能して衝撃を吸収するマイルドな乗り味を提供してくれるのですが、なぜか新型「フィット4」に関しては、そういったマイルドな乗り味ではないんですね。

これはあくまでも私の経験と主観がメインとなっているので、人によっての感じ方は異なるのかもしれませんが、ちょっとした段差でも後輪からの突き上げが顕著に表れ、もう少し段差が深かったりすると、ちょっとした衝撃音に近いものになったりするので、特に後席にお年寄りや子供を乗せる際には気を付けた方が良いかもしれません。

道路中央にあるスプリンクラーレベルであれば、そこまでの衝撃的な音はしないものの、キャッツアイレベルになってくると、その衝撃音は大きくなっていますね。

誇張した表現でもなんでもなく、ただ単に普通に一人で公道を走行していても、後輪からの突き上げは嫌でも聞こえてくるので、このあたりの乗り心地やクッション性はまだまだ評価は高くなく、ホンダの課題とすべきところではないか?と思ったりはします。

その反面、トヨタやレクサスはこうしたクッション性や段差の衝撃の吸収の技術は高いと評価していて、こういったところも含めて”乗り心地が良い”と言えるのではないかと思います(それだけどのメーカーも品質のボーダーは高くなっている)。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう