遂に来た!フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 GTI TCR」の開発車両をキャッチ。アグレッシブなフロントグリルでGTIとRの間を埋める一台に

2020-05-27

~まさかここまで一切カモフラージュをしていない大胆なテストカーを拝見できるとは…~

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて、フォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8 GTI TCR(Volkswagen New Golf 8 GTI TCR)」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両は、カモフラージュを一切施していないフルヌードモデルで、特にフロントグリルデザインは一部ダミータイプながらも、ブラックのフルメッシュで非常にスポーティな顔つきに進化しているのが分かりますね。


~フロントマスクはほぼほぼGTIと共通に~

改めて「ゴルフ8 GTI TCR」のフロントフェイスを見てみると、ベースとなる前輪駆動(FF)モデルの新型「ゴルフ8 GTI」と、トップレンジの四輪駆動(AWD)モデルとなる新型「ゴルフ8 R」の中間的な立ち位置になると思われ、しかし外観においてはGTIとそこまで大きな違いはないように見えますね。

フロントエンドのグリルフレームはブラックのアクセントが加味され、全体的に引き締まった印象を受けます。
恐らくこのまま市販化へともっていくのではないかと予想。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
サイドスカート部分にはブラックのアクセントが入り、足回りも大きくローダウンして走行性能を確認中。

足元のアルミホイールはデュアル5スポークタイプで、ブレーキキャリパはレッドとなっていますが、新型「ゴルフ8 R」ではブルーのブレーキキャリパを装着しているので、このあたりでも大きな差別化が図られると思います。

リヤデザインはこんな感じ。
ルーフスポイラーの張り出しも強く、シャークフィンアンテナはコストカットも意識してブラックのままとなっていますね。

更にリヤディフューザーと上手くマッチするように、大口径マフラーを両サイド1本出しに設定。
このあたりも、ほぼほぼ市販化へともっていくデザインだと思われます。

エンジン出力も遂に300馬力の時代へ?

インテリアははっきりとスパイショットされていないものの、シートはレッドのアクセントが入った本革の可能性も高そう。
あとは一部カーボンファイバトリムを追加したり、新しいインフォテイメントシステムとデジタルゲージクラスターを採用することで、高級感と先進性を加味することが期待されています。

パワートレインについては、排気量2.0L 直列4気筒TSIターボチャージャーエンジンが搭載される予定で、最高出力300psを発揮することが期待されています(現行モデル比+10ps)。
デビュー時期については、今のところ2020年夏頃を予定しているとのことで、もしかすると8月に開催のニューヨークオートショー2020にてワールドプレミアする可能性も高そうですね。

☆★☆「ゴルフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう