意外とイケてる!フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8」をクロカンSUV仕様にしてみた

2020-05-27

スポンサーリンク

~普通に市販化されても売れそうな一台だが?~

フォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8(Volkswagen New Golf8)」をベースに、クロカンSUV風にカスタムしたら?というレンダリングが公開されています。
意外とありそうで無かった今回のレンダリングですが、足回りをリフトアップすることに加え、プロテクターパーツ付きのフェンダーアーチモールにスポーティな大口径アルミホイールとオフロードタイヤを装着しています。

更にフロントマスクなどをみていくと、スキッドプレートやけん引フックなども見受けられ、元々スタイリッシュでモダンな印象を受ける新型「ゴルフ8」が、ここまでアクティブでオフロードっぽさが似合うのも意外でしたね。

スポンサーリンク

~ベースとなったモデルは過去に市販化された「ゴルフカントリー」~

ちなみに先ほどのレンダリングモデルですが、過去に「Syncro」をベースに最低地上高をアップした「ゴルフカントリー(後にゴルフカントリー)」がベースになっているようで、若干外側に張り出したブラックプラスチックのオーバーフェンダーやパイプフレーム等、個性的なデザイン且つ道具感が漂う一台に仕上げられていますね。

しかもこのモデル、元々の製造はドイツではなく、当時メルセデスベンツ「Gクラス」を製造したオーストリアの合弁会社シュタイア・ダイムラー・プフで行われていたとのこと(これはちょっと意外)。

~リヤも中々にスポーティで魅力的!~

コチラが新型「ゴルフ8」クロカンSUV仕様のリヤデザイン。
リヤエンドは特に変更はなく、しかしリフトアップしたことによるボリューム感は結構強いのではないかと思いますね。
おまけにリヤマフラーが両サイド1本出しでかなりスポーティに仕上げられています。

気になるパワートレインですが、採用されるなればガソリンとディーゼルの2種類だと思われ、排気量1.5L TSIユニットと、排気量2.0L TDIユニットがラインナップされるのではないかと考えられます。

今回はあくまでもレンダリング画像なので、実際に市販化される予定は無いものの、クロカン好きや「ゴルフカントリー」ファンのコアなユーザーからすれば、かなり欲しい一台ではないかと思いますね。

☆★☆「ゴルフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう