【走行距離30万km以上】世界で最も走行距離の多いランボルギーニ・ウラカンが約1,400万円にて販売中。一体なぜここまで走られたのか?

僅か5年間で走行距離30万kmということは、年間6万km走行したことになる

インターネットオークションサイトeBayにて、2015年式のランボルギーニ・ウラカン(Lamborghini Huracan)が、約1,400万円にて販売されています。

見た目は特に問題なく、エンジンコンディションも抜群のウラカンですが、新車価格約3,000万円に対して半額以下の1,400万円にて販売されている理由としては、実は走行距離が305,775kmも走られているから。

僅か5年間という短い期間の中で約30万kmも走行したということは、年間にして約6万km、つまり月当たりで5,000kmも走行している計算になりますね。

私も以前、レクサスCT200h F SPORTを所有していて、このモデルも年間にして約6万kmペースでしたが、まさかこの過走行レベルと全く同じとは…

▽▼▽関連記事▽▼▽

一体なぜここまで走り込まれたのか?早速以下の次のページにてチェックしていきましょう。