マイナーチェンジ版・日産・新型アルマーダの開発車両が目撃に。カモフラージュは分厚めながらもダイナミックなデザインで2020年秋ごろにデビュー予定【動画有】

ちなみに兄弟車種の新型パトロールは2019年9月に発表済み

先日の2020年5月28日、日産が行った中期経営計画のクロージングムービーにおいて、今後18か月間で12車種の新型車を発表するためのティーザー動画を公開し、更にその中でマイナーチェンジ版・新型アルマーダ(Nissan New Armada)の姿も明らかになっていましたが、早速今回その開発車両が目撃されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回目撃されている開発車両は、2016年後半~2017年に北米市場向けに登場した第2世代目のフルサイズSUVモデルで、競合にはトヨタ・セコイア(Toyota Sequoia)やフォード・エクスペディション(Ford EXPEDITION)といった3列シートSUVが存在します。

そんな新型アルマーダの開発車両をチェックしていくと、フロントマスクのカモフラージュは分厚めではあるものの、コの字と思われるLEDデイタイムランニングライトや特殊なデザインのLEDヘッドライトが確認でき、更にフロントグリルも更に大口化されたVモーショングリルが採用されることが予想されます。

気になる新型アルマーダの追加情報やパワートレイン、発売時期は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう