フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーのインプレッション!12.3インチナビゲーションディスプレイではテレビとナビを同時に見ることができない?

早速新型ハリアーの納車後インプレッションを行っていこう!

さて、2020年7月3日に納車されたばかりとなる私のフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、早速乗ってみると細かいところで気づくポイントも色々見つかってきたので情報展開していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ハリアーでは、グレードによって8インチディスプレイオーディオ(DA)と12.3インチSDナビゲーションディスプレイが設定されるのですが、私が購入したモデルはガソリンZ”Leather Package”となるため、Zグレード以上にて標準装備される12.3インチナビとなります。

ただ、上記の関連記事でもお伝えした通り、12.3インチナビゲーションディスプレイには、音楽などを取り込んだSDカードを挿入するポートが設けられておらず、更にはCD/DVDデッキも設定されていない(ディーラーオプションすらもない)ため、結構使い勝手はぶっちゃけ宜しくないんですよね…

そんな12.3インチのナビゲーションディスプレイですが、いざ操作してみるとレクサスRX/EX/LSなどのような12.3インチナビゲーションディスプレイよりもかなり劣っていることも発覚。

一体どういった点で劣っているのか?早速以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう