フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーでナイトドライブ。内装のアンビエントライトは控えめながらも結構良い感じだぞ!

大人な雰囲気を醸し出す新型ハリアーは”夜”にその力を発揮するのかも

さて、2020年7月3日に納車されたばかりとなる私のトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、ほんの少しだけ本業の方が落ち着いたので納車後初となるナイトドライブへ。

時間も少し遅かったので車通りも少なくスムーズに走行することができているものの、やはりガソリンモデルということもあって約5km程走行しての燃費は11km/Lぐらい。

燃費記録に関しても、今後細かくレポートしていくつもりですが、長距離を走れば平均15km/Lぐらいはいけるかもしれず、普段の街乗りであれば11~12km/Lに留まることになるかも?

さて、上の画像にもある通り初めて夜の新型ハリアーを拝見してみましたが、ここ最近は雨が頻繁的に降るためびしょ濡れではあるものの、やはりプレシャスブラックパールの光沢と反射具合、そしてライトがよく映えるカラーだと思い、改めてこの色を選択して良かったと思います。

ポルシェ・マカン(Porsche Macan)/カイエン(Cayenne)を想起させる一文字タイプのリヤテールランプもかなり目立ちますし、ワイド&ローのボディスタイルを更に強調させます。

気になる新型ハリアーの夜のインテリア・アンビエントライトは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう