2020年7月15日にデビューする日産・新型アリアのティーザー動画が新たに公開!リヤエンドには新技術”e-4ORCE(イーフォース)”の表記も【動画有】

新型アリアにて新しく採用される”e-4ORCE”とは一体?

そして今回のティーザー動画にて最も重要なポイントとなるのが、こちらの”e-4ORCE(イー・フォース)”と表記されたリヤバッジ。

おそらくe-POWERとは異なる、日産の新たな電気自動車(EV)の技術の一つだと思うのですが、もしかすると四輪駆動(4WD)システムとEVを組み合わせた日産ならではの造語ではないかと予想していて、これまた今までになく期待の持てる技術ではないかと思います。

なお、これについて新型アリアの開発責任者である福田真人 氏によれば、この技術は「魔法のフライングカーペット」と表現しているそうで、どのような地形でも安定した走りを提供できることを示しているのだと思いますが、その走破性の高さもどれだけあるのか非常に気になるところですね。


新型アリアの気になるスペックや安全装備は?

なおスペックについては明確な情報は明らかになっていないものの、東京モーターショー2019にて発表されたアリア・コンセプト(Ariya Concept)を参考にさせていただくと、システム総出力304ps/最大トルク680Nmを発揮するトルクフルな一台になると言われています。

安全装備については、新型V37スカイライン(New Skyline)にも設定され、後のフルモデルチェンジ版・新型ローグ(New Rogue)/エクストレイル(New X-Trail)にも設定されるプロパイロット2.0が標準装備となり、ハンズオフ機能による高速道路でのドライビングアシストを提供する予定となっています。

ボディサイズは新型RAV4に近いミドルサイズSUVに

ボディサイズについては、量産モデルの具体的な数字では出ていないものの、アリア・コンセプトを参考にさせていただくと、全長4,600mm×全幅1,820mm×全高1,630mmとエクストレイルよりも少しコンパクトになり、トヨタ新型RAV4に近いサイズ感となりそうですね。

ちなみに上の画像は新型アリアのトップルーフとなりますが、パッと見た感じでパノラマサンルーフのようなものが装備されているように見えたり…。

もしくはブラックルーフの2トーンカラーかもしれませんが、いずれにしてもかなりクールなスタイルを持つ一台になることは間違いなさそうです。

【A sneak peek at the Nissan Ariya World Premiere on July 15】

☆★☆アリア関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう