新型車との扱いが違い過ぎる…日産の新型マーチが一部改良なるも内外装の変化無しで安全装備を追加。なおヘッドライトはハロゲンのまま

なお4代目のマーチが登場したのは2010年のため、既に10年が経過した長寿モデルとなる

2020年6月30日にマイナーチェンジ版・日産の新型キックス(New Kicks)が発売され、7月15日には新型EVクロスオーバー・アリア(New Ariya)を発表(発売は2021年中頃)、そして7月16日には新型B-SUVとなるマグナイト(New Magnite)が発表されますが、同日に新型マーチ(New March)も一部改良版として新しく発表・発売スタートとなりました。

2010年に4代目として登場したマーチですが、日産は今後4年ごとのサイクルにて次期モデルを投入する計画を進めていますが、マーチに関しては対象外なのか、今回の一部改良はかなり控えめな内容に仕上がっていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型マーチの具体的な変更・追加内容や、特別仕様車マーチ・ボレロの具体的な装備内容と価格帯は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう