元ロールスロイスのデザイナーが開発した中国・紅旗(Hongqi)新型E-HS9が公道を走る。その見た目はやはり中華版ロールスロイスだった件

中華版EVロールスロイスが中国の公道を走る

以前、欧州の超高級自動車メーカー・ロールスロイス・カリナン(Rolls-Royce Cullinan)のデザインチーフであるジャイルズ・テイラー氏をヘッドハンティングした、中国の有名自動車メーカーFAWグループの一部となる紅旗(ホンチー/Hongqi)が、新たな電動SUVモデルとなるE-HS9を世界初公開しました。

今回発表されたモデルは、実際に市販車両として販売することを想定した最終デザイン?とのことで、そのフロントマスクは明らかにロールスロイス・カリナンをイメージしています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

気になる中華版ロールスロイスのデザインやスペック、価格帯は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう