最後のフェラーリV8エンジンを搭載したマセラティ・ギブリ/クアトロポルテの最上位グレード”トロフェオ”が登場。レヴァンテも含めて3台でイタリアントリコローレも演出

最上級トロフェオを設定したギブリ/クアトロポルテ/レヴァンテの内外装をチェックしていこう

①:ギブリ・トロフェオ

ココからは各モデルのデザインをチェックしていきましょう。

まずはエントリーモデルの4ドアセダン・ギブリ・トロフェオ。

スタンダードグレードとは異なり、フェラーリ製V8エンジンを搭載するためにフロントフードを改良し、更に冷却効率を向上させるデュアルダクトを追加しています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。

足もとには21インチの大口径アルミホイールを装着することで、更にグリップ性能を高めているとのこと。

リヤデザインはこんな感じ。

過去に登場したアルフィエーリ・コンセプトや3200GTからインスパイアされた逆L字タイプのリヤテールランプが特徴的で、リヤディフューザーなどにはカーボンファイバパーツを使用することで軽量化にも貢献しています。

内装は非常にシンプルなブラックのフルレザーを採用し、レッドのカラードステッチでスポーティさをアピール。

そしてセンターコンソールを含むオーナメントパネルにもカーボンファイバを使用した贅沢仕様となっています。


②:クアトロポルテ・トロフェオ

続いては上位4ドアセダンのクアトロポルテ・トロフェオ。

こちらはエメラルドグリーンにて高級感を演出し、フロントフードも若干変更を加えています。

サイドプロファイルから見るクアトロポルテ・トロフェオもかなりセクシー。

サイドインテークグリルも大口化し、かなりスポーティでアグレッシブな印象を受けます。

足もとのアルミホイールも、ギブリ・トロフェオ同様にフロント・リヤ共通の21インチ大口径アルミホイールを装着しています。

そしてこちらはインテリア。

先ほどのギブリ・トロフェオと比べて更に落ち着いていて、カラードステッチがホワイトとかなりシンプルにまとめられています。

ちなみにインテリアの最大の変更点としては、インフォテイメントシステムがアップグレードされているとのことで、以前は8.4インチだったものが10.1インチタッチスクリーンへと更にワイド化しています。

③:レヴァンテ・トロフェオ

そして最後は既存モデルのレヴァンテ・トロフェオ。

ダクトやブラックのエリアが増したことで、より一層のアクティブ感が増していますが、カーボンファイバパーツ等もふんだんに使用しているとのことで、その分価格も更にアップしていることが予想されます。

ちなみに足元のアルミホイールはフロント・リヤ共通の22インチを装着。

リヤテールランプも先ほどのギブリ/クアトロポルテ同様に逆L字テールを採用しています。

【New Maserati Trofeo Collection Global Premiere】

☆★☆マセラティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com