これは酷い…宮城県にて、信号無視で逃走中の車両が無関係の車両2台と衝突して大炎上。警察の追跡の仕方にも問題があった?【動画有】

信号無視で逃走するということは、パニック状態だったか「何か知られてはいけない」ことがあったか

2020年8月13日の深夜、宮城県・大崎市国道にてパトカーに追跡されていた白の乗用車が、信号無視をして交差点に進入した瞬間、別の車線から右折してくる別の白の乗用車(多分日産ノート)と衝突し、更に反対車線で信号待ちをしていた白の軽自動車とも衝突するというとんでもない事故が発生しました。

なぜ白の乗用車がパトカーから逃げようとしていたのかというと、この事故が発生する数分前に、大崎市内の交差点にて信号無視したところを警察に見つかってしまい、パトカーの追跡を受けたとのこと。

白の乗用車はそこでおとなしく切符を切られればよかったものを、(飲酒運転をしていたのかは不明ですが…)逃走して他の車両2台を大破させ、更に逃走したドライバー含む3人が大けがを負う事態になったのは非常に残念なことだと思います。


なぜか別の問題提起となっている「警察の追跡の仕方について」

なお今回の事故が発生する前、白の乗用車が異常なスピードにて赤信号の交差点に進入していますが、宮城県警は「追跡の仕方が正しかったかどうかを含めて、詳しく調べている」とコメントしているそうで、そもそも追跡の仕方が正しいor正しくないという区別はどこで付けられるのか?も非常に気になるところ。

今回の例であれば、(海外のカーチェイスとまではいかなくとも…)おそらく白の乗用車とパトカーが接触するようなことは無かったと思われますし、一方的に白の乗用車が勝手にスピードを上げて逃走しただけのようにも感じられます。

もしこれで追跡していたパトカーにも問題があるということであれば、具体的にどういったところが問題だったのかも明らかにすべきだと思いますが、「追跡をしていなければこのような事故が起きることも無かった」と言われてしまっては、警察も何のためにパトロールしているのかわからないですからね…

こちらがパトカーの追跡が逃げようとした白の乗用車。

フロントボンネットが開いてしまい、車両も衝突するだけでなく炎上して黒焦げになっているのが確認できます。

こちらは反対車線で信号待ちをしていた軽自動車。

何の罪もない軽自動車なわけですが、ここまで大破されたらたまったもんじゃないでしょうね…

そしてこちらが、青信号で右折しようとした白の乗用車となる日産ノート。

大炎上で一部黒焦げとなった逃走車両の別の角度から撮影したものとなりますが、改めて信号無視からどうしてスピードを上げて逃走する必要があったのかが気になるところですね(何かバレたらマズいことでもあった?)。

なお今回の事故で、3人が大けがとなったものの命に別状はなかったとのこと。

警察は、逃走したドライバーの回復を待って事情を確認するそうです。

【猛スピードの車が衝突炎上 パトカーに追跡され】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう