トヨタ現行86が販売終了!そしてフルモデルチェンジ版・新型86はこうなる?ボディカラー別、更にはGR86のレンダリングも見ていこう

おそらく今まで公開されてきたレンダリングで最も現実味のある次期86だと思う

先日よりアメリカにて度々目撃されているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型86/スバルBRZの開発車両ですが、この個体をベースに新型のデザインはこうなる?というレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、過去に新型GRハリアー(New GR Harrier)などのレンダリングも作成したM氏で、現実味と再現度の高いレンダリングに定評があり、海外でも高い評価を受けています(マレーシアのカーメディアKeyauto.myも取り上げられるほど)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


現行86のデザインを踏襲しながらも、よりクーペらしい丸みを帯びたスタイリングに

改めて新型86のレンダリングを見ていくと、フロントマスクは開発車両同様に大口且つスクエア型のフロントグリルが採用され、グリルパターンは省略されているものの、おそらくはメッシュデザインをイメージ。

フロントヘッドライト形状は、現行BRZに倣う”コの字”に近いLEDデイタイムランニングライトを搭載し、フロントヘッドライトはLED単眼プロジェクタ式となっていますね(AHSも搭載されてるっぽい?)。

ボディ形状としては、プレスラインやキャラクターラインが複雑化していて、特にサイドパネル部分は筋肉質なボディラインが印象的。

足もとのアルミホイールも、新型GRヤリス(New GR Yaris)に倣うようなシングルスポークのブラックペイント処理されたアルミホイールに、ボディカラーとマッチしたレッドのブレーキキャリパー(ブレンボ製も期待できる?)、そして大口径ブレーキディスクも装着されていますね。

この他ボディカラー別の新型86やハイパフォーマンスグレードGR86のレンダリングも、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう