これは一体なんだ!これまでに無いボディスタイルを持つロールスロイスのワンオフモデル?らしきテストカーが目撃に。ウィンカーの点滅位置もわかるぞ【動画有】

ロールスロイスは、これから時代に沿って様々なボディスタイルを展開していく?

欧州の某高速道路にて、ロールスロイスと思われる謎の開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両を見ていくと、そのボディスタイルはファントム(Rolls-Royce Phantom)/ゴースト(Ghost)/カリナン(Cullinan)/ドーン(Dawn)/レイス(Wraith)といったラインナップとは大きく異なり、全く新しいシューティングブレーク風のワンオフモデルにも見えます。

もちろん、カモフラージュのラッピングもベタベタに張られ、恐らく開発段階としてはまだまだ初期の状態にあると思うので、ここから更に改良が加えられる可能性があるものの、それにしてもロールスロイスからもしも新たにシューティングブレークが登場するのであれば、新たなラグジュアリースタイルの在り方が作られる可能性が高いかもしれませんね。

こちらはフロントマスク。

まだまだカモフラージュが分厚いためはっきりとしたデザインはわからないものの、ロールスロイスの象徴でもある縦型スリットの入ったパルテノングリルが採用されるのは間違いなさそうで、水平基調のフロントヘッドライトなども、ファントム/ゴースト/カリナンなどと同じデザイン言語となる可能性が高そうです。

以前完全リークしたワンオフモデルの特許画像との関係性は?パワートレインは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう