【発売は2020年11月】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型N-ONEの最新情報をディーラーにて聞いてきた!グレードは3種類、上位RSはFFのみの過激仕様

2020-08-29

ようやく新型N-ONEの詳細情報が明らかになってきた!

さて、いよいよ2020年11月に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型N-ONEの一部詳細情報がホンダディーラーに入ってきたので、早速いつもお世話になっているディーラーにて取材させていただきました。

今回新しく発売される新型N-ONEは、現行モデルよりも更にスポーティな路線で攻めてきているとのことで、軽自動車としては珍しい前輪駆動(FF)/6速MTを一部のグレードに設定するなど、かなり気合いの入った内容に仕上げているのではないかと思います。


既に新型N-ONEの外観は東京オートサロンには明らかに

ちなみに新型N-ONEの内外装については、既に東京オートサロン2020にて公開されていて、今回のフルモデルチェンジにてラインナップされる最上位グレードRSが特別展示されていました。

このあとグレード別の装備内容も記載していますが、エントリーグレードでも十分すぎるぐらいの装備内容なので、かなり注目を集める一台なのではないかと期待しています。

今回の新型モデルでは、既に公式ホームページでも公開している通り、「丸」「四角」「台形」をテーマにしたシンプルなモデルとなります。

例えばこの「丸」を意識したヘッドライトですが、何とフルLEDヘッドライトが全車標準装備となり、更に丸形LEDデイタイムランニングライトがターンシグナルするような形でLEDウィンカーに切り替わるところも、大きな進化ではないかと思います(Honda eみたいなライト)。

続いて「四角」の要素については、何とリヤテールランプもLEDを全車標装備とし、その中にもLEDウィンカーを標準装備するという本気仕様。

サイドの台形フォルムも、ワイド&ローを強く意識したボディスタイルになっているので、現行モデルに比べて低く見えるというのも大きなポイントだと思います。

気になる新型N-ONEのグレード構成とグレード別装備内容は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう