これがフルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のフロントフェイスだ!遂にその姿を完全公開

2019-10-09

~遂に新型「フィット4」のフロントフェイスが明らかに!~

いよいよ10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーにて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(FIT4)」が先行公開されますが、今回特別にその量産モデルのフロントフェイスを公開(画像並びに情報を提供頂いたD様には心より感謝申し上げます!)。

これまで開発車両(テストカー)や、それをベースにした予想レンダリングでしか明らかにされてこなかった新型「フィット4」のデザインですが、今回ようやくその姿を拝見することができます。
新型「フィット4」を検討されている方は、是非ともその姿を見て参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽新型「フィット4」最新情報はコチラ!▽▼▽

今回確認できている個体は一番奥の3台(若干1台隠れている?)で、その手前側にある4台が新型「フリード」になりますね。
ちなみに、新型「フィット4」のボディカラーは、手前から「クリスタルブラックパール(もしくはプレミアムアガットブラウンパール?)」、真ん中が「ルナシルバーメタリック/ブラック/ライムグリーン」の3トーンカラー(Aピラーからルーフにかけて)、そして奥が新色となる「ウィンドウブルーメタリック」ではないかと思います。

特に最も気になっていたスポーティグレードのネス(NESS)専用カラーの3トーンですが、まさかライムグリーンのアクセントがAピラーからルーフにかけて入ってくるとは予想もしていませんでした。
結構個性的なカラーリングになるのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~現行「フィット3」からの変貌がかなり凄い件~

改めて新型「フィット4」のフロントフェイスを見直してみると、最も分かり易いのが真ん中のルナシルバーの個体(ネス)だと思いますが、最も気になっていたフロントエンドは、ボディカラーと同色素地パネルのグリルレスになっていて、その周りにはちょっとしたスリットのようなものが入っていますね。

そしてフロントヘッドライトのハウジングも、現行「フィット3」に比べてより一層大きくなり、U字形状のLEDデイタイムランニングライトに加え、大型のLEDフロントヘッドライトが採用されています。

これまで流れていた噂では、2代目に近いデザインになる?との情報もありましたが、どうやらそういった感じではなく、ルノー等の欧州車に近いデザインとなっていますし、個人的にはかなりメリハリがあってアグレッシブさとスタイリッシュさ、そしてコミカルさを兼ね備えた一台ではないかと思っています(純粋に好みの顔つき)。

ちなみにこちらが、最も量産モデルに近い?とされてきたレンダリング。
レンダリングの方が少し釣り目っぽくも見えますが、フロントエンドのグリルレスのデザイン以外では、概ねそこまでデザインは変わっていないようにも見えますね。

まだ公開したい画像はいくつかあるのですが今回はここまで。
肝心のSUVテイストモデル”クロスター(CROSSTAR)”の存在も気になるところですが、ハッチバック(MPV)タイプとはかなり異なる顔つきになっているとのことですが、この点についても楽しみにしていきたいところですね。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう