スラロームコースの世界最速&ギネス記録を更新したのは16歳の少女!ポルシェ718スパイダーの安定感と鋭い突っ込み、そして少女のドラテクを見ていこう【動画有】

9歳からサーキット経験を積んできたからこそ、この記録が生まれた

スキーの回転競技のように、ポールやカラーコーンの間を通り抜けて時間を競うスラロームにて、何と僅か16歳の少女が世界最速&ギネス記録を更新していたことが明らかとなりました。

今回この記録に挑んだのはChloe Chambersさんという少女で、これだけ若い年齢であるにも関わらず、実は7年ものレース経験を持つとんでもない人物でもあります。

そんな彼女が挑んだスラロームチャレンジは、50フィート(15.24m)の道中に置かれた51個ものコーンをクネクネと通過していって、そのときの最速記録を競うものとなりますが、彼女が使用する個体はポルシェのオープンスポーツモデルとなる718スパイダー(Porsche 718 Spyder)とこれまた渋いところをチョイス。


6速MTも彼女からすれば朝飯前

718スパイダーのパワートレインは、排気量4.0L 水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力414hpを発揮、駆動方式は後輪駆動、そしてトランスミッションは6速MT。

コーンとコーンの間は僅かな隙間しかなく、ほんの少しの操作でも誤ったらすぐにコースアウトしてしまうほどの超難関コースですが、彼女のハンドリング操作と718スパイダーのハンドリング性能や足回りの影響もあって、スムーズにこれを通過していきます。

見た目以上に繊細で、しかし大胆に突っ込んでいかないと全くクリアできないスラロームチャレンジですが、何と彼女がたたき出した記録は47.45秒。

この記録は決して簡単に塗り替えることはできず、恐らく彼女のこれまでのレースの経験が無ければ実現できなかった記録だと思いますが、果たして今後この記録に挑戦する人物は誰なのか?そしてどのようなモデルにて挑戦してくるのか非常に気になるところです。

【New Guinness World Records™ Title Achievement for Fastest Vehicle Slalom】

☆★☆ポルシェ718関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう