フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの最新情報をディーラーにて聞いてきた!エクステリアは欧州車風でアグレッシブ、パワーバックドア付きでラグジュアリーに

ほんの少しずつ新型ヴェゼルの情報がディーラーにも入ってきているようだ

2021年4月~5月に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、いつもお世話になっているホンダディーラーより一部情報が入ってきたとのことで、早速取材させていただきました。

既に首都高速道路・大黒ふ頭PAなどでスパイショットされている開発車両ですが、いよいよ来年の市販化に向けて本格的な公道テストを実施しているという印象で、その一方でボディサイズは大幅に大きくなり、フロントエンドにも新型オデッセイ(New Odyssey)/N-ONEと同じ六角形のハニカムグリル、眉毛タイプのLEDデイタイムランニングライトなど、現行とは大きくかけ離れた欧州車風のデザイン意匠を採用することになりそうです。

ちなみにいつもお世話になっているホンダディーラーの情報によれば、欧州車ランドローバーのような顔つきになるとのことで、そう考えると以前目撃された開発車両とほぼ同じデザインになるかもしれませんね。


次期ヴェゼルではようやくパワーバックドアが採用されるようだ

あとは現行モデルでは採用されていないパワーバックドアも装備されるとのことで、この点はコンパクトSUVでありながらもラグジュアリー性を大幅に高めてきたポイントではないかと思います。

(ボディサイズは異なるかもしれませんが…)既にトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)でもパワーバックドアを採用するほどですから、この点は他メーカーに後れを取らないようにと付けられる付加価値は積極的に装備し、主要モデルとしてのうま味を最大限に引き出していく考えなのではないかと予想されます。

このほかにも次期ヴェゼルにて注目したい追加装備が…パワートレインはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう