栃木県警に寄贈されたレクサスLC500パトカーのグレードって何になるの?ホイールデザインやインテリア等を見る限り、あのグレードで間違いなさそう【動画有】

それにしても何度見てもLCパトカーが寄贈されたのは凄すぎる

2020年9月18日に栃木県庁前にて行われた栃木県警察へのレクサスLC500ポリスカー寄贈式ですが、前回当ブログでもご紹介した通り、この警察車両を寄贈したのは有料老人ホーム「にこにこ川原田倶楽部」の会社役員で経営者でもある中村和男 氏で、2年前にも栃木県警察に日産GT-R R35の警察車両を寄贈したとてつもない人物です。

今回大きな話題にもなったレクサスLC500の警察車両ですが、気になるグレードは何なのか?についてチェックしていくと、まず現段階で明確になっているのが100%内燃機関仕様となるLC500で、パワートレインは排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力477ps/最大トルク540Nmを発揮、トランスミッションは10速AT、駆動方式は後輪駆動(FR)と完全なスポーツ仕様となります。


栃木県警察に寄贈されたLCのグレードって何?

そしてもう一つが、LC500のどのグレードをベースにしているのか?についてチェックしていくと、足もとのアルミホイールは純正の20インチ鍛造アルミホイールを装着し、オプションであるポリッシュ仕上げの鍛造は敢えて選択せず。

ボディカラーは恐らくホワイトノーヴァガラスフレークをベースにしつつ、パンダカラーに再塗装しているものと予想されますが、問題なのがインテリア。

色々と調べていくと、どうやらブラック/アルカンターラ/セミアニリン本革を採用していることが明らかになり、そうなると最も濃厚なのはLC500のエントリーグレードである可能性が高そうです。

LC500パトカーでしか見られないちょっとユニークなカスタムや変更ポイントは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう