トヨタ新型RAV4 PHVのOEMモデル・スズキ新型アクロスの実車が世界初公開!スズキ史上最高額…オランダは約806万円~、ノルウェーは約907万円~

何度も言うが…果たしてスズキはこの金額で売れると考えているのだろうか…

先日、トヨタ新型RAV4 PHVのOEMとなるスズキ新型アクロス(Suzuki New Across)のオランダ市場価格が約806万円からと、日本市場向けRAV4 PHVの469万円~よりも1.5倍以上高額であることが明らかとなりましたが、遂にこのモデルの実車がノルウェーにて世界初公開されました。

今回公開されている個体ですが、グレードは不明ながらも19インチ大口径アルミホイールを装着している辺り、おそらく最上位だと思われ、ボディカラーもグレーメタリックにペイントされたかなり渋い仕様となっています。

グレーメタリックに塗装された新型アクロスは初めてかと思いますが、こうして実車で見てみるとフロントロア部のスキッドプレートがホワイトカラーで、その上部はピアノブラック仕上げでアクセントを加味することによりメリハリが付けられています。

フロントグリルはトヨタのキーンルックではなく、スズキ新型スウェイス(New Swace)と同じ六角形のハニカムグリルを採用し、インテークグリル含めてグロスブラックで高級感を演出しているのがわかりますね。


リヤデザインはそのまんまRAV4 PHV

こちらはリヤデザイン。

リヤエンドに貼付された”Suzuki”バッジや”Across”が無ければ、リヤテールランプ形状とスタイルだけでRAV4 PHVと勘違いしてもおかしくないほどにほぼほぼ同じ。

リヤロアバンパーは素地タイプではなくピアノブラックにペイントすることで安っぽさが無くなっていて、フェンダーモールも同様の工夫が施されていますね。

あとはマフラーも両サイド1本出しのデュアルエキゾーストパイプをインストールしています。

全6色の新型アクロスも特別展示!インテリアのインプレッションは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう