テスラが世界最強EVとなる新型モデルSプレイドを発売!市販車最速となる0-100km/h加速2.1秒。更に200万円台のエントリーモデルも発売を示唆【動画有】

果たしてテスラの勢いを打ち負かすメーカーは存在するのだろうか…

アメリカの100%電気自動車メーカーでお馴染みテスラが、4ドアセダンをベースにしたモデルSの最上位グレードとなる新型モデルSプレイド(Tesla New Model S Plaid)を発表・発売スタートしました。

このモデルの最大の特徴は、トライモーター×四輪駆動(AWD)を搭載することにより、システム総出力は1,100hp以上、0-100km/h加速時間が僅か2.1秒、航続可能距離は840km、そして最高時速は320km/hと、これまで市販モデルとして登場したスーパーカー/ハイパーカーを凌駕する加速性能を持ち、事実上「ナンバーを持つ市販車として世界最速で実用性高きモデル」の称号を得た一台となります。


モデルSプレイドはスペックが異常なだけでなく、コスパも異常

しかも0-100km/hの加速時間2.1秒という記録を持つ(既に販売した)市販車は存在せず、世界最高速の記録を持つブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)でさえも2.5秒で約4億円。

それに対してモデルSプレイドは僅か16,999,000円と2,000万円にも到達しない価格帯ですし、おまけにガソリンを一切使用しない100%ピュアEVモデルなわけですから、加速性能や環境性能、価格帯において全てテスラが圧倒したということになりますね。

モデルSのグレードラインナップのおさらいに加え、新世代Tabless Battery発表で200万円台にて購入できるエントリーモデルの発売を検討中?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう