テスラが世界最強EVとなる新型モデルSプレイドを発売!市販車最速となる0-100km/h加速2.1秒。更に200万円台のエントリーモデルも発売を示唆【動画有】

やはりモデルSはグレード別で見てもコスパ良いなぁ…

ちなみにテスラ・モデルSにて既存グレードとしてラインナップしているロングレンジ(9,899,000円)は、デュアルモーター×四輪駆動(AWD)ながらも航続可能距離は610kmで、0-100km/h加速時間は3.8秒、最高時速は250km/hと十分すぎるスペック。

その上のパフォーマンス(12,299,000円)になると、価格帯としては約300万円ほどアップするものの、インテリア・スタイリングの向上やカーボンファイバースポイラーといった装備内容が充実し、航続可能距離は593kmと若干下がるものの、0-100km/hの加速時間はシロンと同じ2.5秒、そして最高時速は261km/hにまで到達します。

こうして見ると、いかにテスラというモデルがコスパに優れたハイパフォーマンスモデルであるかがよくわかるかと思いますが、既に日本市場でも数多くの先行予約が入っており、その予約金は僅か12.6万円ほど、納期は2021年以降となっています。


テスラが2020年9月23日に新世代バッテリーシステム「Tabless Battery」を発表!

そしてこの度テスラは、2020年9月23日に大幅なコスト削減と車両の航続可能距離を向上させる究極のバッテリーシステム「タブレス(Tabless)」バッテリーセルを世界初公開しました。

このタブレスバッテリーセルは、セルと電力を供給しているものとの間のコネクトを形成するパーツとなりますが、この技術によってエネルギー容量が5倍、パワー6倍、そして航続距離も16%向上するとのこと。

サイズとしては、非常にコンパクトなφ46mm×80mmサイズで、セル名称を「4680」と呼び、セルフォームファクターレベルでは1kWhあたり14%のコスト削減に貢献しているそうです。

そしてこのバッテリーセルはテスラ自社で製造するとのことで、今後大幅なコスト削減による圧倒的に安価なエントリーグレード(何と約263万円!)が販売される予定とのことで、これが日本市場でも販売されれば競合モデルは存在せず、ガソリングレードのコンパクトカーとも十分戦っていける最強のエコカーになることは間違いないでしょうね(ちなみにHonda eで456万円~、日産リーフで332万円~)。

☆★☆テスラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Tesla, CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう