今日のプリウス…愛知県のコンビニにてトヨタ・プリウスがダイナミックに突っ込む。30代の女性ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えた恐れ【動画有】

SNSでは「事故=プリウス」というイメージが定着しているようだ

2021年4月6日の午前8時頃、愛知県・北名古屋市にあるコンビニエンスストアに、赤い乗用車(トヨタ・プリウスα)が突っ込む大事故が発生したとのこと。

既に各ニュースメディア/マスコミも大きく取り上げている今回の事故ですが、事故した車両がプリウスということもあってなのか、YouTubeニュース動画(FNNプライム)では10万回の再生数を記録するほどに注目されています(おそらくメディアも再生数/アクセス数を稼げると考えている)。

またSNSでも、「事故=プリウス」「店舗へのダイナミック入店=プリウス」といったレッテルを貼られるなど、プリウスを所有するユーザーとしては決して気分の良いものではないと思われますが、何故こうもプリウスの事故が目立ってしまうのかも不思議なところ。


画像を見るだけでも被害の大きさ、事故現場の恐怖が伝わってくるほど

こちらがコンビニに突っ込んだ赤色のプリウスα。

恐らくクリアランスソナーや踏み間違い緊急ブレーキなどの安全装備が搭載されていない旧モデルだと予想されますが(画像を見る限りだとソナー類が確認し辛い)、店内の入り口に入ってすぐのところで停車しているものの、陳列された商品は崩れ、無数の商品が散乱しているのがわかります。

なお外からは、店舗へと入れない(見えない)ように白い乗用車2台で入り口を塞いでいますが、コンビニの出入り口ドアは完全に突き破られているのが確認でき、修理費用も相当なものになると予想されます。

ドライバーは30代女性「ブレーキとアクセルを踏み間違えた恐れアリ」

割れたガラスも飛散し非常に危険な状態だと思いますが、幸い店内にいた3~4人のお客さんにケガはないとのこと。

そして気になるドライバーですが、高齢ドライバーではなく30代の女性ドライバーとのことで、「ブレーキとアクセルの踏み間違いではないか」として詳しく調査を進めているとのこと。

なおこうした踏み間違いによる事故は年々減少することなく、定期的にニュース/メディアなどがとり上がているものと記憶していますが、改めてこういった問題が起きぬよう、新型車に限り予防安全装備の義務化に留まらず、(かなり難しいかもしれないが)既存モデルにも義務化することで事故を未然に防ぐことも考えていかないと、こうした事故は一生減らないと考えられます。

あとはニュース/メディア/マスコミも、ただ単に報道しっ放しにするのではなく、この事故の「後の話」も報道することで、「損害額はいくらだったのか」「女性ドライバーはどのような責任をとらないといけないのか」など、リアルな数字を視聴者に届けることで、「事故時の恐怖」だけでなく「事故後の恐怖」を伝え、「自分もこのような事故は起こたくない。気を付けていこう」という考えを持たせることも重要ではないかと思います。。

【朝のコンビニに車突っ込む 30代女性が運転「ぼう然と…」 愛知】

VRで学ぶあおり運転の車両にプリウスを起用?気になる続きは以下の次のページにてチェック!