ブラックのビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型IS350 F SPORTがカッコいい!なお日本市場では先行展示会の開催予定は無いようだ

今回の新型ISはデザインで勝負してきたのがよくわかる

2020年11月5日に発表・発売予定となっているレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型ISですが、北米市場向けは既にグレード別価格帯が公式プレスリリースにて明らかになり、一部のレクサスディーラーではデモカーが展示されているようです。

これまで、ホワイトノーヴァガラスフレークやヒートブルーコントラストレイヤリング、ラディアントレッドコントラストレイヤリング、そしてセレスティアルブルーガラスフレークの新型ISが公開されてきましたが、今回は初めてとなるブラックにペイントされた新型IS350 F SPORTが特別展示されています。


ブラックのボディとホイールは相性グッド!ここにオレンジブレーキキャリパーが装着されれば文句なし

エクステリアデザインを見ていくと、ブラックのボディカラーに漆黒ブラックのスピンドルグリルフレーム、切れ長でシュッとしたL字型LEDデイタイムランニングライトと三眼LEDヘッドライト、そして北米市場ではIS350 F SPORTグレードのみ標準装備されるBBS製19インチ鍛造アルミホイール(マットブラック仕上げ)が装着され、全体的にかなり引き締まっています。

ブラックのボディカラーにマットブラックの鍛造アルミホイールってどうなんだろう?という疑問はありましたが、今回の展示車両を見る限り違和感はなく、かなりダーク気質で強烈なインパクトを与えていると思います(語彙力無視してシンプルにカッコいい)。

ブラックの新型IS350 F SPORTのリヤデザインはどうだ?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう