フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXが2021年10月に登場との噂が浮上。PHV採用のNX450h+や2.4リッターターボのNX350、そしてNX350hも

現行同様に次期NXも間違いなくヒット商品の候補になる

さてさて、以前より度々噂されているレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXについてですが、私も現在オーダー・納車待ちしている新型IS300 F SPORT Mode Blackからの乗り換え候補に挙げている一台ですが、そんな次期NXがいよいよ2021年10月頃に登場するとの噂が浮上しています。

自動車情報誌マガジンXさんの情報によると、次期NXでは現行RXと同じTNGA-Kプラットフォームを採用することで、静粛性や剛性の向上を図るトヨタ・カムリ(Toyota Camry)系シャシーに統一させる一方、サブコンパクトSUV独自のボディサイズを少しワイド&ローに変更する計画があるとのこと。

具体的には、全長4,690mm×全幅1,850mm×1,640mmと、全長+50mm/全幅+5mm/全高-5mmにし、特に全長の延伸はプラグインハイブリッド(PHV)の専用バッテリー搭載を見越しての”必要最小限の”サイズアップになることが予想されます(三菱・新型エクリプスクロスPHEVもMC前に比べて全長+140mm延伸している)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

やっぱりLED DRLは眉毛タイプ?

続いてエクステリアデザインですが、マガジンXさんが公開している予想レンダリングを参考にさせていただくと、新型IS/CT/UX同様にL字型のLEDデイタイムランニングライトを上部に移行することでシャープに見せ、更にLEDヘッドライトはデイライトに沿って連なるような三眼LEDタイプになるとのこと。

フロントグリルは、従来通りスピンドルグリルにメッシュグリルパターンをそのまま採用してくると見込んでいますが、恐らく非F SPORT/F SPORT共にメッシュデザインで共通にしてくることは確実で、よりスポーティでエッジの効いた顔つきになると考えられます。

次期NXのウィンカーはどうなる?パワートレインは大きく3種類?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう