【価格は489.9万円】マイナーチェンジ版・トヨタ新型クラウンが2020年11月2日に発売スタート!12.3インチ大型ディスプレイ搭載で更に豪華に

2020-10-31

マイナーチェンジ版・新型クラウンの知っている限りの情報を全て見ていこう

トヨタのフラッグシップセダンとして長年販売され、2018年に15代目としてフルモデルチェンジしたクラウン(Toyota Crown)ですが、遂に2020年11月2日にマイナーチェンジ版として新しく発表・発売スタートすることが明らかとなりました。

いつもお世話になっているトヨタディーラーの取材より、今回のマイナーチェンジでどういったところが変更されるのか、そしてグレード別価格帯はどうなっているのか確認してきましたのでまとめていきたいと思います。

ただ、今回のマイナーチェンジはそこまで大きく期待できるものではなく、どちらかというとマイナーチェンジと一部改良の中間のような変更内容で、ネタバレで先に言ってしまうと外観の大幅な変更は特に無し。

あくまでも実用性の向上やボディカラーの変更といったところが主で、但しインテリアのとあるところは大きく変更されるとのことですから、現行クラウンにちょっと不満があるという方は検討の対象に入れても良いのではないかと思います。

▽▼▽新型クラウンの見積もり記事はコチラ!▽▼▽


新型クラウンのグレード展開を見ていこう

早速、マイナーチェンジ版・トヨタ新型クラウンの変更内容をチェックしていきましょう。

まずは前愛のブログでもお伝えした通り、新型クラウンのグレードが大幅に見直されることについてですが、現行クラウンは特別仕様車含めて全30種類ものグレードが展開されています。

これではあまりにも多すぎて選択できないといった問題やクレームが多かったため、特別仕様車を完全排除した約半分の17種類に少なくなります

そして、エントリーグレードのSグレード(2WD)でのみ装備されていた16インチアルミホイールが廃止となり、最低でも17インチのアルミホイールが標準装備されるのも大きなポイントですし、この他にも採用されている17インチ~18インチのアルミホイールデザインも大きく変更されるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型クラウンでは、内外装は?ボディカラーは?グレード別価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう