フルモデルチェンジ版・スバル新型WRXが2021年11月にデビューとの噂。アイサイトX搭載で更に安全性を強化、次期WRX STIは2022年春頃予定との情報も

今のところ国内での次期WRXの開発車両は1種類しかスパイショットされていないようだが?

これまでアメリカや群馬県・鳥居峠、栃木県にて目撃されてきたスバルのフルモデルチェンジ版・新型WRXですが、今度は千葉県北西部の国道16号近くの県道にて目撃されています(画像提供いただけたK様には心より感謝)。

今回スパイショットされた開発車両の仮ナンバーを見ていくと、栃木県や群馬県にて目撃されたものと全く同じであることから、恐らく複数のグレードに分けてのテスト走行は実施していないと推測。

画像では確認できないものの、恐らくは新世代アイサイトX(Eyesight X)の評価を実施しているものと予想され、足回り等の過酷な評価は群馬県・赤城山などの峠にて実施しているものと考えられます。

そして新型WRXのデビュー時期についてですが、どうやら2021年11月頃になると噂されています。


カモフラージュはまだまだ分厚くガードもカタそうだ

こちらが今回スパイショットされている新型WRXの開発車両。

開発車両全体をチェックしていくと、相変らず全体的にカモフラージュされていて、新型レヴォーグとほぼ同じハニカム形状のフロントグリルや、コンパクトでエッジの効かせたフロントヘッドライトが搭載されています。

ただ今回の開発車両では”コ”の字型のLEDデイタイムランニングライトが点灯していないことを考えると、新型レヴォーグ同様にポジションランプとして機能しているのかもしれませんね。

ちなみに新型レヴォーグのフロントヘッドライトと”コ”の字型のポジションランプはこんな感じ。

恐らくは次期WRXもこれぐらいのコンパクトなライト形状にまとめてくると思いますし、現行WRX S4よりも更にアグレッシブでフロントインテークも大口化することは間違いなさそうです。

次期WRXのクーペ風サイドビューやトヨタとの共通性を持たせたリヤデザインも再度チェック!気になる続きは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう