ホンダ新型フィット4の9回目給油!何とか無給油1,000km達成するも、気温低下で燃費も悪化…冬場に突入すれば1,000km走行は不可能かも?

ハイブリッドモデルにとって厳しい季節がやってきた

さて、2020年2月25日にホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4(Honda New FIT4)LUXE(リュクス)×四輪駆動(4WD)が納車されてから9回目の給油となります。

8回目給油が2020年10月11日だったので1か月経たずの給油となったわけですが、10月中旬以降からは徐々に気温も低くなって街乗りの走行頻度も多くなったために燃費も悪化傾向に。

▽▼▽関連記事▽▼▽

冬場はどうしてもエンジン稼働時間が長くなってしまう

特に冬場になってしまうと、ハイブリッドモデルといえどもエンジンの稼働時間が夏季に比べて増えてしまうため、どうしてもモーターの駆動時間が短くなってしまうんですね(暖房を使用すれば尚のこと)。

現時点ではまだ気温が上がったり下がったりの繰り返しでしたし、特に毎月恒例となっている往復約550kmほどの高速道路走行時は気温も高く、エアコンや暖房を使用することもなかったので燃費も30km/h近くまで伸びたものの、それ以外は街乗りばかりでエンジン始動時が多かったように記憶しています。

今回は無給油で1,000km達成できましたが、恐らく冬場にかけての燃費は更に悪化するでしょうし、スタッドレスタイヤも装着するので25km/L未満の燃費になることはある程度覚悟した方が良いかもしれません(それでも冬場で燃費25km/Lもあれば充分ですが…)。

9回目給油後の燃費はどうなった?無給油1,000km走行可能な基準となる燃費はどれぐらい?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう