発売前のフルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオ/ソリオ・バンディットのダメな点4つを見ていこう。アノ装備や気になる走りや乗り心地なども

2020-11-23

発売前から不安要素の多い新型ソリオ/ソリオ・バンディットだが…?

いよいよ2020年11月25日に発表、12月4日に発売予定となっているスズキのフルモデルチェンジ版・新型ソリオ(Suzuki New Solio)/ソリオ・バンディット(New Solio Bandit)ですが、当ブログではどこよりも早く詳細な情報と価格帯を明らかにしてきました。

そして前回は、SNSでの周囲の反応や口コミ、当ブログにて問い合わせのあった意見などをまとめてきましたが、それらを踏まえて(発売前ではありますが…)新型ソリオ/バンディットのダメな点を4つチェックしていきたいと思います。

もちろん、この記事を紹介した後は、それぞれの良い点もご紹介していきますので、新型ソリオ/バンディットを検討されている方は少しでも参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


ダメな点①:電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド不採用

まずは、今回のフルモデルチェンジにて誰もが期待したであろう電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが初採用されなかったこと。

これに関してはスズキ側の開発コスト削減を目的としたものなのかは全く持って不明ですが、競合モデルであるマイナーチェンジ版・トヨタ新型ルーミー(Toyota New Roomy)でもようやく採用されているこの機能が設定されなかったのは非常に残念であり致命的だと考えています。

これがあるだけでも、(仮にデザインが大幅変更しなくとも)商品力の大幅な向上につながったでしょうし、購入の候補に絶対的に含まれる要素だと思うのですが、こういった重要なチャンスを逃してしまったスズキは非常に勿体ないと言いますか…次回マイナーチェンジに向けて準備にしているのかはわかりませんが、顧客が求めているポイントを見落としてる感があるので、もっとユーザーと向き合うべきところだと思ったりもします。

全車速追従機能付きACCが設定されることでその期待値も高まっていた

あとは中間グレードのHYBRID MX以降より標準装備されるアダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)の設定があるということは、必然的に電動Pが搭載される?と期待を持っていたところですし、その期待値があまりにも大きすぎたために、今回の落差は相当なものだったのではないかと思います。

その他新型ソリオ/バンディットのダメな点は?以下の次のページにてチェックしていきましょう!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう