フルモデルチェンジ版・マツダ新型MAZDA2が2021年秋頃に登場との噂。1.5リッター3気筒エンジンのSKYACTIV-X搭載で、見た目もNDロードスター風?

いろいろ噂はあるものの、どうやら新型MAZDA2は2021年秋頃登場との情報が濃厚のようだ

さてさて、以前より度々噂されているマツダのフルモデルチェンジ版・新型MAZDA2ですが、このモデルが2021年秋頃に登場する?との噂が浮上しています。

国内カーメディアSpyder7さんの情報によると、新型MAZDA2は居住スペースを大きく確保するためにホイールベースを延伸し、しかしボディサイズは5ナンバー枠に収めるようにギリギリのサイズ感にまとめるとのことですが、このコンセプトで本当に市販化されるのであればトヨタのフルモデルチェンジ版・新型アクア(Toyota New Aqua)がライバルモデルの対象になるかもしれません。

なおエクステリアデザインについても、Spyder7さんが完成イメージレンダリングを作成しているのですが、一体どのような見た目に仕上げられるのか?早速チェックしていきましょう。


より”シュッ”とした顔つきで、かつてのデミオのようなマイルドな顔つきはどこへやら

via:https://spyder7.com/

こちらが今回、Spyder7さんによって作成された新型MAZDA2の完成イメージレンダリング。

ボディカラーは何とも爽やかなライトブルー(水色?)系で、フロントマスクは新世代”魂動”を採用するも、フロントグリルやグリル周りとヘッドライトを縁取るシグネチャーウィング以外のデザインは全く新しいものに。

via:https://spyder7.com/

もう少し拡大してみるとこんな感じ。

ヘッドライトデザインは、どことなくNDロードスターのような目つきにも見えるものの、鋭い単眼LEDヘッドライトを搭載し、更にその内側には豆球ではなくLEDタイプのウィンカーを搭載。

あとはフロントノーズを延長することで、より伸びやかなハッチバックスタイルを演出していますが、この辺りは最近のマツダの定番スタイルになりつつありますね。

エンジンはダウンサイジング&低燃費を実現する1.5リッター3気筒MHV?

なお気になるパワートレインについてですが、Spyder7さんの報道によると排気量1.5L 直列3気筒エンジンを搭載したマイルドハイブリッドシステムのSKYACTIV-Xが設定されるとのことで、より低燃費でパワー不足も解消できるマツダの主力モデルになることが期待されています。

パワートレインやサイズ感を考慮すると、先述の通り競合モデルは新型アクアもしくは新型ヤリス(New Yaris)、ホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)、日産の新型ノートe-POWER(Nissan New Note)になると思われます。

一方で別のカーメディアは新型MAZDA2をどのように報じている?

2020年11月9日、マツダは2021年3月期 第二四半期累計実績並びに通期見直しを正式に公表し、当期純損失930億円であることを明らかにしました。

これにより通期見直しは7月公表から変更無しで、グローバル販売台数の市場別内訳及び為替前提を見直すことを明らかにしていますが、その一方で今後どういったモデルを発表し、どういったブランドを確立していくかが気になるところ。

具体的には、CASE(コネクティビティ技術/自動運転技術/シェアード・サービス/電動化技術)技術進化とハードウェアのアップデートを図り、更には制御技術によるハードウェアの価値の進化のためにSKYACTIV-X/SKYACTIV-Dなどの制御アップデートを図る計画を示しています。

こういった中で、今後2年間で新たな技術追加を見出そうとしているのが、電動化(PHV/48V MHV)とロータリー技術を活用したマルチ電動化技術ですが、どうやらこの電化の技術を活かして、フルモデルチェンジ版・新型MAZDA2が2021年秋頃に登場するとの噂が浮上しています。

ライバルは日産の新型ノートe-POWERが濃厚?

自動車情報誌ベストカーによると、次期MAZDA2にロータリーレンジエクステンダーEVが搭載される可能性が高いとのことで、競合には2020年12月23日に発売された日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWERが対象になってくると考えられます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なおベストカーによると次期MAZDA2が登場するのは2021年秋頃と説明しているものの、レンジエクステンダーEV搭載グレードは2022年秋頃と追記しているため、これもマツダの中期計画に示した今後2年に該当するポイントに。

ちなみにマツダは、2022年以降よりCASE対応と協業強化を目的にトヨタとの関係性をより一層高め、欧州市場においてはヤリスHVをOEM調達するため欧州市場へと投入するとのことですが、もしかするとこれをヒントにしたモデルを次期MAZDA2として登場することも考えられそう。

ところで新型MAZDA2のフロントマスクは?予想される価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう