これがフルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・タイプR?常磐道では次期シビック・ハッチバックの開発車両がテスト走行!

過激さはあるものの現行FK8型に比べて大人しくアコード風に変化する?

2020年11月18日に、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・セダン・プロトタイプ(Honda New Civic Sedan Prototype)が世界初公開され、2021年春頃より北米市場にて発売されることが明らかになり、その後は次期シビック・ハッチバック/シビックSi/シビック・タイプRと様々な派生版がデビュー予定となっています。

そんな中、海外の自動車ニュースサイトMotorTrendが、次期シビック・セダン・プロトタイプや以前完全リークされた次期シビック・ハッチバックの特許画像をベースに、「次期シビック・タイプRはこうなる?」という完成予想レンダリングを公開しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


早速新型シビック・タイプRのイメージレンダリングを見ていこう

かなり完成度の高そうな次期シビック・タイプRのイメージレンダリングですが、フロントヘッドライトは切れ長でシャープですし、特徴的な逆L字型LEDデイタイムランニングライトや、ホンダ新型フィット4(New FIT4)のような八重歯風のインテークフレーム、そしてフロントバンパーのあらゆるところにグロスブラックアクセントを追加することで、全体的に引き締まった顔つきに変化しています。

別のポイントも見ていくと、ダミーのようで実は風穴が設けられたフロントエアインテークや大口径20インチの鍛造ブラックホイール、レッドのブレーキキャリパといったところは、現行シビック・タイプRをベースにしていると思われ、正直このままのデザインでも十分過激で商品力は高そう。

リヤのイメージレンダリングの完成度はどう?更に茨城県の常磐自動車道にて次期シビック・ハッチバックの開発車両が登場!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう