フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・ハッチバックの特許画像が完全リーク!落ち着いた顔つきで新型フィット4を一部踏襲?リヤテールは直結式に

2020-10-01

まさかこんなにも早く次期シビック・ハッチバックがリークするとは…

2020年1月末にマイナーチェンジしたばかりのホンダ新型シビック・ハッチバック(Honda New Civic Hatchbach)ですが、何と早くもフルモデルチェンジ版・次期シビック・ハッチバックの特許画像が完全リークしています。

海外のファンサイトCivicXIフォーラムにてリークされた今回の特許画像ですが、どうやら2021年春の終わりごろにデビューする予定とのことで、既に発表の準備も粛々と進められているとのこと。

早速完全リークした次期シビック・ハッチバックの特許画像を見ていくと、ボディスタイルは現行同様にセダンに近いハッチバックで、現行FC/FK型に比べて大分落ち着いた表情であることがわかります。

▽▼▽関連記事▽▼▽


FC/FK型シビックとは大きく異なるデザイン言語に

真正面から見てみるとこんな感じ。

フロントヘッドライトのデザインが大幅に変更され、ハウジングの中央には単眼プロジェクタ式のLEDヘッドライト(もしかしてアダプティブハイビームシステム有り?)、その上部にはシャープで切れ長なLEDデイタイムランニングライトが確認できますね。

特にLEDデイタイムランニングライトは、ここ最近幾度か目撃されているフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼルと同じデザイン言語を取り入れているようにも見えます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フロントバンパーについては、中央に小さなグリル、下部には大口化したグリルが設けられ、その両サイドにはダミーのようなインテークベゼルが設けられていますが、インテークフレームはどこか新型フィット4(New FIT4)のようなデザインも取り入れている風にも見えます。

次期シビック・ハッチバックのサイド・リヤデザインは?そして次期シビック・タイプRのイメージレンダリングも!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう