これは一体…フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERの開発車両が偽装無しの状態にてスパイショット!更に東京ではオーテック(AUTECH)が先行展示

なぜ新型ノートe-POWERは公式発表されたのに、開発車両は完全偽装のままなの?

2020年11月24日に発表され、12月23日発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)ですが、公式発表後初となる開発車両が神奈川県某所にて目撃されています(画像を提供頂けたK様には心より感謝!)。

今回目撃されている新型ノートの開発車両は2台で、先頭を走行しているのがボディ全体にカモフラージュを施し、後続の開発車両がカモフラージュを一切施していない個体となるわけですが、最も気になるのが「既に公式発表されているはずの新型ノートなのに、どうしてカモフラージュする必要があるのか?」というところだと思います。


よ~く見てみるとスタンダード仕様の新型ノートではない?

ボディ全体を偽装している開発車両を改めて拡大してチェックしていきましょう。

まず真っ先に目が行くのがリヤロアバンパーのリフレクターの向き。

スタンダードグレードの新型ノートe-POWERは、リフレクターが両端に横基調にて設けられているのですが、今回の開発車両では水平基調というよりも、縦基調のようにも見えます。

過去にも大黒PAにて、縦型基調のリフレクターを装備した開発車両がスパイショットされていましたが、もしかするとこれがプレミアムコンパクトモデルの新型ノート・オーラなのかもしれませんね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみにこちらが水平基調のリフレクターを採用する新型ノートe-POWER

新型ノート・オーラは16インチアルミホイールを標準装備?

もう一つ気になる点としては、足もとのホイール形状でしょうか。

これは恐らくメーカーオプション扱いとなる16インチアルミホイールのスパイラルスポークだと思われ、もしかすると新型ノート・オーラでは16インチアルミホイールが標準装備されるのかもしれません。

ちなみに上の画像の右端が、上位Xグレードのみメーカーオプションにて設定可能な16インチアルミホイールで、標準装備されるのが一番左の16インチフルホイールカバー(鉄チンホイール)、そしてエントリーグレードFと中間グレードSには、真ん中の15インチフルホイールカバーが標準装備されます。

もう一台スパイショットされた完全偽装無しとあんる新型ノートの開発車両は?更に東京では新型ノート・オーテックが先行展示へ!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう