フルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオ・バンディットの実車が一足早く展示!筋肉質でカッコいい…後席のリクライニング機能が予想以上に凄かった件

新型ソリオ・バンディットはかなりアグレッシブなデザインだ

2020年11月25日に発表/12月4日に発売予定となっているスズキのフルモデルチェンジ版・新型ソリオ(Suzuki New Solio)/ソリオ・バンディット(New Solio Bandit)ですが、早速一部のディーラーでは実車が先行展示されているとのいことで、こちらの兵庫ディーラーでは新型ソリオ・バンディットが特別展示されているようです(画像を提供頂けたB様には心より感謝!)。

早速その外観をチェックしていくと、フロントの顔つきは筋肉質で非常に厳つく、特にフロントロアバンパー周りの形状は複雑。

「えっ?エアロ装備してんの?」と思わせるぐらいのカスタム感満載な新型ソリオ・バンディットですが、これでフルノーマルというのも驚きです。

今回のフルモデルチェンジにより、新型ソリオは3グレードに対し、ソリオ・バンディットはHYBRID MVの1グレードしかラインナップされていないのはちょっと残念ですが、充実した装備内容ですし、こうして実車を見るだけでも競合のトヨタ新型ルーミー(Toyota New Roomy)に対抗できるだけの魅力を持ち合わせているのではないかと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ソリオ・バンディットのエクステリアをチェックしていこう

ちなみにボディカラーは、フレイムオレンジパールメタリック×ブラック2トーンルーフ(+44,000円)で、カタログで見るよりももう少し濃いめでスポーティな印象を受け、それに合わせて15インチのアルミホイールも引き締まりがあってカッコいいのではないかと思います。

当初新型ソリオ・バンディットが公開されたときは、ホンダN-BOX Customに似てる?三菱のデザイン言語を取り入れてる?等と言われていましたが、こうして実車にて拝見してみるとそういった印象はほとんどなく、アッパーグリルもインパクト強めですし、スズキの新たな挑戦が見える一台ではないかと思います。

リヤテールはコンビタイプで、クリア且つリヤテールがシームレスなL字に仕上げられているのも上質。

その直下には豆球タイプのウィンカーが設けられていて、「ここもLEDだったらカッコいいのになぁ…」と思わせる部分はありますが、もしかするとマイナーチェンジに向けて余力を残しているだけかもしれませんね。

センターのメッキガーニッシュ中央に山が設けられています、これもL字テールのラインに沿うようにデザインされているのもユニークです。

強烈ともいえる新型ソリオの後席リクライニングシート機能と、広々としたインテリアは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう