一部改良版&特別仕様車のマツダ新型CX-5 ”Black Tone Edition”実車インテリアインプレッション!内装の質感は上々だけど残念なポイントも…【動画有】

この質感を約300万円から味わえるのは贅沢すぎる!

2020年12月3日に発表・発売スタートとなったマツダの一部改良版・新型CX-5と、特別仕様車のCX-5 ”Black Tone Edition”ですが、早速カーメディア向けの実車インプレッション動画が公開されています。

今回この動画を公開しているのは、女性モータージャーナリストでお馴染み「今井優杏の試乗しまSHOW!」チャンネル。

今回は特別仕様車CX-5 ”Black Tone Edition”のインテリアをメインとした実車インプレッションを行っていきますが、CX-8 Exclusive Modeと比較すると見劣りする部分はあるものの、それでも上質で魅力的。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに特別仕様車CX-5 ”Black Tone Edition”の価格帯は以下の通りとなりますが、約300万円からの価格帯にてこれだけの上質でコストのかかったモデルを乗れるというのは贅沢なことだと思います(利益率の低いマツダなだけあって、今回もかなり頑張ってるのがわかる)。

【特別仕様車CX-5 ”Black Tone Edition”価格帯一覧(10%税込み)】

・20S Black Tone Edition(6AT):[2WD]3,041,500円
・25T Black Tone Editioin(6AT):[2WD]3,272,500円
・XD Black Tone Editioin(6AT):[2WD]3,360,500円/[4WD]3,591,500円


新型CX-5 ”Black Tone Edition”の内装をチェックしていこう

早速新型CX-5 ”Black Tone Edition”の内装をチェックしていきましょう。

ポリメタルグレーメタリックのボディカラーにマッチしたブラックの合成皮革とレッドのカラードステッチがカッコ良く、更にサイドウィンドウのオーナメントパネルはハニカムブラックに仕上げられて引き締まったアクセントに(しかもウィンドウスイッチにはサテンクロームメッキ加飾付き)。

スピーカーもBOSE製プレミアムサウンドシステムを搭載していますが、これの音質も中々に良さげですよね。

そして少し見づらいですが、足もとのアクセルペダルはオルガン式で、ペダル系はメタルタイプではなくシンプルなブラック。

運転席は電動パワーシートを採用していますが、パワーレバーはメッキ加飾ではなくシンプルなハードプラスチックのブラックですね。

CX-8と比較すると違いは一目瞭然

ちなみにCX-8 Exclusive Modeの電動パワーレバーはメッキ加飾が施され、とても国産SUVとは思えないほどの上質感を持っています。

そしてこちらがCX-5のインテリアシート。

シート素材は特別仕様車ならではとなるグランリュクス+合成皮革で、ブラックを基調としつつレッドのカラードステッチでスポーティ且つシンプルにまとめられています。

特別仕様車CX-5 ”Black Tone Edition”インテリアインプレッションの続きは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう