トヨタがスバルとの共同開発による新世代EVプラットフォームe-TNGAの概要を発表!まずはRAV4サイズが登場し、ロングホイールベース仕様で短めのオーバーハングに

2021年にはe-TNGAプラットフォームを採用した電動SUVが登場予定

2020年12月7日、レクサスが突如として新世代EVシステム「DIRECT4(ダイクレト4)」の概要を明らかにしましたが、今度はトヨタの新世代EV専用プラットフォームe-TNGAの概要を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回、トヨタとスバルの共同開発によって新しく登場したEV専用プラットフォームe-TNGAですが、これをベースにしたSUVが早くも登場する予定とのことで、シルエットのみ明らかとなったティーザー画像も公開されています。

サイズ感としては、TNGA-Kを採用するトヨタ新型RAV4に近い感じで、ホイールベースは長く、オーバーハングは短めのスポーティで安定性抜群の電動SUVになるとのこと。

しかもこのモデルは、国内専売ではなく海外での販売も視野に入れた設計になっているそうで、製造元は日本国内のZEV工場となり、今後数か月以内に量産仕様のデザインも明らかにするそうです。


e-TNGAは汎用性の高さが大きなウリ

トヨタによれば、今回発表されたe-TNGAプラットフォームは、前輪駆動(FWD)/後輪駆動(RWD)/四輪駆動(AWD)の全てに適用できるフレキシブルさを持ち、様々なセグメントのモデルにも合わせることができて、おまけに様々なバッテリーパックや電気モーターを搭載することも可能な汎用性の高さも大きなポイントとなっています。

つまり、このe-TNGAプラットフォームがあればどんなモデルも並行して開発することができるので、開発コストや時間短縮にも貢献できる先進性を持ち合わせているそうで、もしかすると価格帯もある程度抑えられたものが販売されるかもしれませんね(EVと聞くと高額なモデルと言うイメージが大きい)。

一方でスバルからは新世代EVのエヴォルティスが登場するとの噂が浮上しているが、どんなデザインになるのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう