【アップデート】日産の新型ノート・オーラ最新情報Part3!LEDヘッドライトやインテリジェントルームミラーは全車標準装備ながらも、”アレ”は装備されないようだ

新型ノート・オーラに関する詳細な情報が続々と出てきた!

2020年12月23日に発売された日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)をベースに、3ナンバー化&プレミアムコンパクト仕様へとアップグレードする新型ノートオーラ(New Note AURA)が、2021年6月15日に発表/同年9月に発売予定となっています。

当ブログでは、新型ノートオーラに関する詳細な情報をどこよりも早く公開してきましたが、今回もこのモデルに関する機能のおさらい、”アレ”が装備されないという点をご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既に新型ノートオーラの画像は、日産ディーラーのスタッフ向け資料として配信され、高知日産プリンスが誤って完全リークしてしまい明らかになっていますし、グレード別価格帯や見積もり内容も全て公開中。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお装備内容の充実度や質感は、圧倒的にノートe-POWERやノートオーテック(New Note AUTECH)よりも優れていて、全幅1,735mmの3ナンバーハッチバックに抵抗がない場合は、こちらを選択するのも充分アリだと思います。

それでは早速、新型ノートオーラに関する情報をおさらいしていきましょう。


新型ノートオーラのグレードをおさらいしておこう

まずは新型ノートオーラのグレード内容からおさらいしておきましょう。

このモデルでは全2グレードが展開され、各グレードに2WD/4WDが設定されます。

【新型ノート・オーラの価格帯一覧(10%税込み)】

◇G:[2WD]2,610,200円/[4WD]2,868,700円

◇G Leather Edition:[2WD]2,699,400円/[4WD]2,957,900円

イメージ的には、マイナーチェンジ版・新型キックスe-POWERのXグレードとXツートンインテリアエディションみたいな構成で、新型ノートオーラでは最上位グレードのみのラインナップとなります(立ち位置的に先代のノート・メダリスト)。

LEDライト系や先進機能は全車標準装備

続いては新型ノートオーラの基本的な装備内容をチェックしていきましょう。

前回のブログでも公開した通りですが、LEDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付)やアダプティブLEDヘッドライトシステム、シグネチャーLEDポジションランプ(アクセント、シーケンシャルターン機能付)、LEDフォグランプが全車標準装備となります。

更にここに、LEDリヤコンビネーションランプやインテリジェントオートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)も標準装備されるので、5ナンバーの新型ノートe-POWERのようにオプションを付け合せる必要性は無し。

そしてこれも地味に嬉しいポイントです。

新型ノートオーラでは、インテリジェントルームミラーやインテリジェントアラウンドビューモニター(移動物・検知機能付き)、サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動格納機能付き)も全車標準装備となるため、新型ノートe-POWERにてメーカーオプションだったものが、基本的に標準装備扱いとなっています。

そしてノートオーラでは、IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラスが全車標準装備されますが、フロントドア部分は遮音性能が向上しているとのことで、走行時の静けさは5ナンバーモデルよりも圧倒的に高いそうです。

新型ノートオーラのプロパイロットのセットオプションはやりすぎ?アレも装備されていないのでちょっと残念?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう