【アップデート】日産の新型ノート・オーラ最新情報Part3!LEDヘッドライトやインテリジェントルームミラーは全車標準装備ながらも、”アレ”は装備されないようだ

新型ノートオーラの詳細情報の続きをチェックしていこう

車内の質感ももちろん高めだが…?

続いては日産の新型ノートオーラの内装トリム関係ですが、本革ステアリングやステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、オーディオ、ハンズフリーフォン)も全車標準装備となっています。

ただし、ノートオーラでもプロパイロット(ProPilot 1.0、ナビリンク機能付き)やSOSコールまではさすがにメーカーオプション扱いとなり、そのオプション価格も401,500円と中々に高額(しかもBOSEプレミアムサウンドシステムとプロパイロットが抱き合わせのセットオプションになる)

とは言いながらも、このモデルではメーカーオプションは実質2種類しか存在せず、プロパイロット関連のセットオプションと寒冷地仕様のセットだけになるので、見積もり内容は非常にシンプルなものになりそう。


女性にとって重要性の高そうなバニティランプは採用されず…

この他にも、ステアリング調整するチルト・テレスコピックステアリングはもちろんのこと、電制シフト、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドも全車標準装備(オートブレーキホールドはメモリー機能付き)。

ただ女性にとってはお化粧直しに必要不可欠ともいえる、フロントサンシェード裏にはバニティランプが搭載されていないとのことで、このあたりの実用性の低さは頂けないところ。

シート表皮については、これも前回のブログにてお伝えした通り、Gグレードはツイード調織物&合成皮革のコンビシート(ブラウンのみ)、G Leather Editionは本革シート(ブラックかエアリーグレーの何れか)を標準装備。

17インチアルミホイールが全車標準装備

そしてもう一つ気になっているであろう足元のアルミホイールでしたが、新型ノートオーラでは17インチアルミホイールが全車標準装備で、タイヤサイズは205/50R17 89Vタイヤ、アルミホイールは17インチ×6.5Jタイプ、インセット40/PCD:100(4穴)となります。

デザイン的には新型アリアを意識していて、いかにもアリアの弟分なエクステリアにまとめられています。

安全装備もほぼ全車標準装備で非常に充実

続いて安全性能やメカニズムについてですが、新型ノートe-POWERではメーカーオプション扱いだった以下の機能も含めて全て標準装備となります。

・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・フロント&バックソナー
・エマージェンシーシグナルストップ
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

新型ノートに関する最新情報はコチラ!

☆★☆新型ノート関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう