スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラの2020年12月末の最新納期情報!気になる特別仕様車や5ドアモデルの存在はどうなった?

ようやくジムニー/ジムニー・シエラの納期が短縮されているようだ

さてさて、つい先日いつもお世話になっているスズキディーラーに訪問した際、軽クロカンタイプのジムニー(Suzuki New Jimny)と乗用車タイプのジムニー・シエラ(New Jimny Sierra)に関する話題になったのですが、どうやら2020年12月末時点でのジムニー/ジムニー・シエラの納期に若干の変更が入ったとのこと。

具体的には、軽自動車タイプのジムニーが約1年~1年2か月だったものが半年~8か月へと短縮され、乗用車タイプのジムニー・シエラが約1年半→1年未満短縮に短縮されているそうです。

ただ、これはあくまでも参考納期であって、「最大で半年~8か月、1年未満かかりますよ」というものであり、これよりも長引く可能性は極めて低いとの回答をいただきました。


なぜジムニーの納期がここまで短縮したのか?

っというのも、最近では欧州市場向けのジムニー(厳密にはジムニー・シエラ)の割り振り分が無くなってから、国内市場向けの振り分けに全て移行されているので(ニュージーランド等の振り分けは不明)、2018年の発売当初の目標月産台数から大幅に増加しているんですね。

実際のところ、2020年11月度の新車販売ランキングにおいてもジムニーは1,000台/月→4,344台、ジムニー・シエラは100台/月→1,614台となっているため、4倍~16倍近くの生産数増加につながっているため、今後は更に納期も短縮されるのでは?との期待が持たれています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに欧州市場(イギリス)向けのジムニーが販売終了する理由については、以前より噂されていた「2021年より施行予定の厳しい排ガス規定に適合しないから」というもので、欧州規定のCO2排出量95g/kmに対してジムニーは154g/kmとオーバーしているため、これをクリアしない限りは販売することが困難となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ジムニーの特別仕様車や5ドア版ジムニーの販売はどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう